スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この映像 孫に見せたいなあ!

2016/02/16 Tue

私はツイッターをしています。
時々、
この映像、孫にみせたいなあ。
見たらどんな顔をするだろうか?
どんな反応を示すだろうか?
と、わくわくするものに出会います。

そんな時は、記録をしておき、
孫が来た時に見せるようにしています。

まず、既に見せたものから紹介します。

*  *  *  *  *

<1>錯覚手品
https://twitter.com/scienceporn/status/538145762371469312

これを見た手品好きの孫は、このトリックに刺激され、
「僕も作ってみたい」
といい、私の家で同じようなもの作りました。
早速その日、家に持って帰り、
家族にこの手品を披露しびっくりさせたそうです。

<2>命の恩人に再会したライオン 
youtu.be/OFMzzlU3Tts

ツイッターには、
「途上国のサーカスで虐待されて
死にかけていた子どもライオンを救った女性がいて、
ライオンは回復。
ただ、あまりにも大きくなってしまい、
動物園に連絡して引き取ってもらった後、
数年ぶりに再会したのがこのビデオ。泣ける。」
と、紹介されていました。

孫は見ると、ライオンの行動に驚いていましたが、
どちらかというと、私の方が感激して何度も見てしまいました。
動物は、恩を忘れないのですね。

<3>ポメラニアンを風呂に入れた写真
http://virates.com/cute-2/5021575

まるで、お味噌汁に入れた
“トロロ昆布” みたいになってしまうのですね。
あまりにも予想外の姿なのに、かわいらしくて、
孫と一緒に
これもずっと見てしまいました。

<4>天動説と地動説の違いを説明するGIF
http://hamusoku.com/archives/9144061.html
天動説と地動説の違いを説明するアニメーションの数学的美しさが見られます。

孫は、
[立体で見られたらもっといいなあ…]
と話していました。

次は、まだ見せていないものを紹介しますね。

<1>回転させるだけで変形するテーブル
https://twitter.com/hide_luxe/status/698430559253450752

大人が見ても
「すごい!」「どうなっているのだろう?」
と仕組みが知りたくなるので、
子どもはもっと感激するのではないかと思います。
孫の反応が楽しみです。

<2>数学の不思議!面白い計算方法
https://www.youtube.com/watch?v=IqIA3aLsLyc

これは以前、ある現役の先生のブログで見たことがあります。
その先生は、高学年がかけ算の単元に入る時に、
かけ算に今一度興味を持たせるために導入で使っていました。
その時は、図とその説明が書いてありましたが、
今回は動画になっているので、子どもにそのまま見せられますね。

この仕組みは、以前孫に話したような気がするので、
初めてではないですが、
動画になっているので、説明をしないで見てもらおうかと思っています。

*  *  *  *  *

いかがでしたか?

学校の先生方も、
これらの映像が、どの教科・領域(どの単元)で使えるか、
その効果を考えてから使えば、
子どもたちにいい刺激を与えらえるのではないかと思います。

ものごと、「百聞は一見にしかず」です。
映像を上手に使うことをお勧めします。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中1)と女の子(小4)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。

(ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。また、ネットショップにもあります。
2013年6月より2冊とも電子書籍化されました。こちらでの購入も可能です。)

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。