スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活の中には学ぶ材料がいっぱい ―おやつから確率調べに―

2016/01/24 Sun

毎日、学校で目一杯勉強をしてくる子どもたち、
家に帰る頃にはお腹が空きますよね。

孫たちも、学校の帰りに私のところに来る頃には、
お腹が空いているので、来るとすぐおやつです。

先日も孫(小6)が来るなり
「お腹空いた。何か食べるものある?」
といってきました。

「ゼリーならあるけど…」
「どんなゼリー?」
「小さいカップのゼリーで、味はリンゴとブドウの2種類よ」
「じゃあ、それを頂戴」
といって、それを食べ始めました。

リンゴよりブドウ味が好きなようで、ブドウを選んで食べていました。
それを見て、私が、
「ブドウの方が好きなんだ。妹と同じだね」
というと、
「うん」
と、いっていました。

いくつか食べ終わると、孫は急に
「2つのものから、1つを選ぶ確率は本当に2分の1なの?」
と言い出しました。
2種類のゼリーを選びながら食べていて、何か思ったことがあったのでしょう。
私は、
「実際にやってみればいいんじゃない」
といいました。孫は、
「じゃあ、このゼリーを使って確かめよう.。
何か入れ物があるといいな。空き箱とかある?」
というので、取っておいた小さめの空き箱を渡しました。
孫は、その箱の中に
リンゴとブドウのゼリーを1つずつ入れました。

確かめの方法は孫が考えました。
(1)2種類のゼリーが入った箱にふたをしてよく振ります。
(2)目をつぶって箱を開け、どちらかのゼリーを取り出します。
(3)取り出したゼリーの記録をします。

ふたりの共同作業でやりました。
(1)と(2)は孫が担当し、(3)の記録は私がやりました。
全部で50回やって確かめることにしました。

その結果は、
<10回目まで>・・・リンゴ5個(50%)・ブドウ5個(50%)
ぴったり50%なので、ふたりともちょっとびっくりしました。

<20回目まで>・・・リンゴ9個(45%)・ブドウ11個(55%)
今度は2個差になりました。ブドウ味が好きな孫は嬉しそうでした。
そういう問題ではないのですが…。

<30回目まで>・・・リンゴ14個(46.6%)・ブドウ16個(53.3%)
2個差ですが全体数が増えたので割合は微妙に変わりました。
こういうことにも気が付くのですね。いい勉強です。

<40回目まで>・・・リンゴ18個(45%)・ブドウ22個(55%)
4個差になりましたが、20回目の結果と同じ割合になりました。
9:11=18:22 ということです。

<50回目まで>・・・リンゴ24個(48%)・ブドウ26個(52%)
2個差に戻りましたが、全体数がさらに増えたので割合は50%に近づきました。

最終結果を見て、
50%前後になっていることが分かりましたが、
多くやった方が限りなく50%に近づくはずなので、
「もう少しやってみる?」
と聞きましたが、孫は、
「今日はもういいや」
というので、やめました。

まさか出したおやつがきっかけで、
確率を調べることになるとは思いませんでした。
生活の中には学ぶ材料がいっぱいあるのですね。
改めて、そう思いました。

子どもは、ちょっとしたことがきっかけで、
興味をもったり疑問に思ったりするものです。
そして、それらを確かめたり調べたりしたくなるものです。
子どものそういう気持ちこそ、大事にしてあげたいですね。


ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも販売
・Amazon Kindle ストア
http://www.amazon.co.jp/kindlestore
・楽天Kobo電子書籍ストア
http://books.rakuten.co.jp/e-book/

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。