スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの反応は可愛いな!

2010/01/09 Sat

私は、旬の食べ物をたくさんいただくと、
新鮮なうちに食べた方が美味しいので、よくお裾分けをします。
ご近所さんに差し上げたり、知り合いの方に差し上げたり、
母の所や孫の所に持って行ったり・・・。

昨年の暮れのことです。
リンゴとみかんをたくさんいただいたので、早速お裾分けをしました。
もちろん、孫の所にも持っていきました。

お裾分けは、孫たちの反応が見られるいいチャンスです。
いつも、“何を持ってきてくれたのだろう”と興味を示します。

以前、リンゴを持っていった時、
当時、しゃべり始めたばかりの孫娘は、リンゴを見るなり、
「あっ、 じんご(リンゴのこと)!」
と、嬉しそうにいって、それを受け取りました。
そのしぐさの可愛かったこと。

今回はどんな反応が見られるのだろう・・と、
私は、ワクワクしながら、リンゴとみかんを持っていきました。
リンゴは7つ、みかんは10コ以上にしたので、結構な重さです。
重いので、丈夫な保冷用の袋に入れて自転車で行きました。

「ピン ポーン!」
と、インターホンを鳴らすと、孫たちが玄関に出て来ました。
「何を持ってきたの?」
と、早速聞かれました。
「リンゴとみかんよ。リンゴは、1週間分持ってきたの。」
といって、私は、袋からリンゴを出しました。

すると、お兄ちゃんが、リンゴを数え始めました。
私は、『7つ』とは、いっていないので、
1,2,3・・・7と数えて確かめるのかなと思っていたら、
ひとつひとつのリンゴを指さしながら、
「月、火、水、木、金、土、日」
と数え、私の顔を見て、 
「本当に1週間分だね。」
と、いいました。

孫の頭では、1週間は7日という“数感覚”より
月曜日から日曜日という“曜日感覚”の方が、
生活に密着しているので、しっくりくるのかもしれません。
それにしても、子どもらしい数え方に感心してしまいました。

次に、私は、みかんを取り出しました。
すると、今度はみかん大好きな孫娘が反応しました。
孫娘は食べたくなったのか、みかんを2つ取り、
胸のところに押し当てるようにして抱え、せっせと階段を上がり、
2階のキッチンに運んでいきました。
小さい体なので、みかんを2つ持っていくだけでも大変そうでした。
歩きながら、1つ落としては拾い、また1つ落としては拾いということを
繰り返していました。

そんな具合ですから、
私が、たくさんのリンゴとみかんをどうやって持ってきたのか
不思議でたまりません。しきりに
「何できたの?」
と何回も聞いてきました。私は、
「重たいから、自転車で来たのよ。」
と、いって玄関を開け、自転車を見せてあげました。
その自転車を見て、
“やっぱり、ばぁばは歩いて運んでこなかったんだ”と思ったのでしょうか。
納得したような顔をしていました。

小さくても、いろいろ考えているのですね。
子どもたちの様々な反応が、その証です。
これからも可愛い反応をたくさん見たいものです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

娘に聞いて!! 初めてお邪魔しました

また覗かせてもらいます。

ありがとうございます!

machikoさま
ブログが見られるようになったのですね。よかったです。
早速見てださりありがとうございます。
時々更新しますので、またのぞいてくださいね。

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中1)と女の子(小4)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。

(ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。また、ネットショップにもあります。
2013年6月より2冊とも電子書籍化されました。こちらでの購入も可能です。)

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。