スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳と教科指導の違いとは。。。

2014/07/27 Sun

前回の『道徳の授業ってなあに。。。』の続きです。
道徳は本当に教科化すべきなのでしょうか?

まずは、前回紹介した校長先生の資料をお読みください。

*  *  *  

<道徳と教科指導の違い ‏>

教科指導では、殆どの場合「指導=即修得」をねらいとしている。

例えば、算数の場合で説明する。
1年生の授業で繰り上がりのある足し算の指導をした場合、
その時間の最後にはどの児童にも
繰り上がりのある足し算の計算方法が
身についていないと困るのである。

算数という教科の特性を考えると、
前時で学習したことが、次時の学習のベースとなってくるからである。
よって、「指導=即修得」でなければ、
教科としての算数は成り立たなくなる。

しかし、道徳の授業の場合は、教科とは大きく異なる。

第一の大きな違いは、
道徳には教科書がない。また、教材もないのである。
このことは、「道徳」の授業は、
教えることをねらいとする授業ではないということを意味している。

第二に、「道徳」の授業は
心の内面に働きかけるものであるということである。

教科指導では学習したことが
すぐに何らかの形で外に現れることを期待している。
いわば外面性の指導である。

しかし、道徳は心の内面の道徳性の補充、深化、統合をねらっているので、
その指導効果はすぐに現れなくても差し支えない。
資料を通して登場人物に共感されたり、批判させたり、感動させたりして、
児童の心が少しでも動けばいいのである。
心が少しでも働けばそれでよい。
そして5年後、10年後、あるいは20年後に
じわりじわりとその効果がにじみでてくればいいのである。
薬に例えて言うならば、
速効性はないが、続けて服用すれば
少しずつ効果のあらわれてくる漢方薬のようなものであろう。

*  *  *  

いかがでしたか?

道徳と教科の大きな違いが分かると、
本当に道徳は教科になり得るのだろうかと思ってしまいますよね。

国も、完全に教科にはできないと分かっています。
だから、『特別の教科』と位置づけたのでしょう。
でも、教科書を作り、評価もさせようとしています。
生活科の時もそうでしたが、
教科書ができると、日本全国一律の授業に成り兼ねません。
それでいいのでしょうか?

もう過去の話になりますが、
現役時代の私は、道徳の特性を意識し、
そのクラスの子どもたちの実態に合った
読み物資料や新聞記事、作文や日記等を見つけ、
教材研究をした上で週1回の授業をしてきました。

(全国大会をした学校では道徳資料室を作り、
そこに、先生方が作った教材グッズなどは、
1時間分を1袋に入れ、ひと目で分かるように保管し、
共有財産として使用していました。)

通知表に評価はありませんでしたが、
毎時間、学習したことについて書かせたものには
目を通してコメントを書き、
ファイルにして学期毎に家に持って帰らせました。
保護者の方は、それを読めば、
自分の子どもが、どんな内容を学習し、
その時、どんなことを思ったり考えてたりしたのかが、
分かるようになっていました。

道徳は週1時間、年間35時間です。
小学校6年間で210時間、中学校3年間で105時間、
義務教育全部では315時間となり、
意図的計画的に行えば、かなり学習できることになります。

今ご活躍の日本中の先生方には、
「道徳の授業とは何か」「道徳と教科指導の違い」を
今一度、頭の中で整理し、
目の前にいる子どもたちにとって
よりよい道徳の授業をしていただきたい
と願ってやみません。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。