スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルタで知った子どもの能力

2010/01/02 Sat

明けましておめでとうございます。
皆様にとって、今年も佳き1年となりますようお祈り申し上げます。
さて、今回はお正月にちなんで、『カルタ』についてのエピソードです。

               *  *

孫が生まれてから、私は、子ども向けの素敵なカルタを見つけると、
「あっ、これは3歳頃から使えるなぁ。」
とか、
「これは小学校に入ってから使うと、国語の学習になっていいかも・・・」
などと思い、どんどん買って集めるようになりました。
そして、それらをある引き出しにしまっていましたが、
いつの間にか、そこはカルタでいっぱいになってしまいました。

孫たちは、その引き出しを知っていて、
私の家に来ると、そこから、やりたいカルタを出してきます。

先日、二人の孫とカルタで遊んでいて、びっくりすることがありました。
それは、孫娘(2歳9ヶ月)の反応です。
まだ、字が読めないのですが、お兄ちゃんの真似をして一緒になって
カルタ遊びに参加しているので、やりたいようにやらせていました。

その日に使っていたカルタは、JAF MATE社・製で、
『どうぶつおもしろこうつうルールかるた』というものです。
絵は、動物のイラストで小さい子にも分かりやすく、
読み札は、
「かささして あるくときには まえをみて」
「せがたかい トラック、バスに ちかづかない」
「リンリンリン、ふたりのりしちゃ あぶないよ」 
といった交通ルールに関する内容になっています。

一緒に来ていたママが、読み札を読んでいました。
「ひとはみぎ、じてんしゃひだりを とおろうね」
と読んだ時です。字が読めるお兄ちゃんは、
「ひ、ひ、ひ、ひ・・・」
といいながら、『ひ』の絵札を懸命に捜していました。
ところが、字が読めない妹の方が、
自分の場所から離れた所にあった『ひ』の絵札を見つけ、
そばまで移動し、その絵札の上に自分の手をパンと乗せ、
それを取ったのです。

思いも寄らないその行動に、ママと私はびっくりしました。
「どうしてこれを取ったの?」
と、思わず二人で理由を聞いてしまいました。
まだ小さいので、そのことを説明することはできませんでしたが、
私は、これはまぐれではないかも・・と思いました。
ですから、その後は取るまでの様子をじっくり見ることにしました。

「らんぼうな じてんしゃうんてん やめようね」
というのを聞くと、絵札をいろいろ眺め、自転車の絵を見つけた時、
その絵札の上に手をパンと乗せました。
あいにく、もう一枚の自転車の絵札が正解だったのですが、もし、
先にそちらの絵札を見つけていたら、またもや正解になっていた訳です。

信号のことが出てくれば、信号の絵を捜し、
車がたくさんといわれれば、車がたくさん並んでいる絵を見つけます。
字が読めないので、お兄ちゃんとは全く違う方法ですが、
ママが読んでいる文をしっかり聞いて、2歳児なりにその様子を頭に描き、
それと同じ絵を捜して取っているように見えました。

私は、改めて“子どもってすごいな”と思いました。
今ある自分の能力をフルに使い、何でもチャレンジできるのですから。
「あなたは、まだ小さいから無理よ。」なんていわずに、
その子にやりたいようにやらせると、自分の力でまた一歩前進できるのですものね。

「カルタを取れてすごいなぁ。」
とほめられた孫娘は、その後も私の家に来ると、あのカルタを取り出して、
「これ読んで、取るから・・」
といっては、カルタ遊びを楽しんでいます。

昔からある「カルタ」ですが、遊びながら学べるなかなかの優れものです。
孫たちには、これからも楽しみながらいろいろな能力を伸ばしてほしいと思いました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

NO TITLE

先生のお孫さんへの尊い愛と優しさ、そして豊かで正確な知恵を、ブログを通して伝えてくださる事とても嬉しく思います。
私もいつのひか孫に出会えた時を楽しみにしながら、読ませていただきます。
頑張ってください。

嬉しいです!

naokoさま
コメントをありがとうございました。
もう見てくださったのですね。びっくりしました。
何かひとつでも参考になることがあれば、私も嬉しいです。

NO TITLE

さすが先!私も子供を預けたくなりました。
日常を通して私も子供の疑問や興味を広げて色々教えてあげられたらいいな~と思いました。
ついバタバタと余り話を聞いてあげて無かった・・・と反省。
これからも読ませて頂たいと思います。

まあ お懐かしい!

yukikoさま
ブログを見てくださりありがとうございました。
まさか、こんな形で教え子と繋がりがもてるとは、当時は考えもしませんでした。
時代が変わりましたね。子育ては大変ですが、楽しみながらしてくださいね。
また、更新しますので、是非のぞいてみてください。

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。