スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕になると思い出す絵本 『おこだでませんように』

2013/07/07 Sun

今日は七夕ですね。
私は七夕の短冊を見ると、思い出す絵本があります。

それは、『おこだでませんように』です。
<小学館・くすのき しげのり(著)・石井 聖岳(イラスト) >

家でも学校でも、いつも怒られている少年は、
昨日も今日も怒られたから、
きっと、明日も怒られるだろうと思っています。
毎日怒られていることに、
どうしたら怒られないだろう、どうしたらほめられるだろう、
僕は『悪い子』なんだろうかと悩みます。
そして、小学校に入学してから教えてもらったひらがなで、
七夕さまにお願いを書くのです。
ひらがなひとつずつ、心をこめて…。

彼が、何と書いたかを知った時、
私は涙が止まりませんでした。
『そうだよね。そういう気持ちだったんだよね。
今まで気が付かないでごめんね。』
と、もしその子が目の前にいたら、ギュッと抱きしめたことでしょう。

いつも怒られている子どもの心の中が、
よく分かるように描かれている絵本です。

とかく大人(先生や親)は、
その子が、どうしてそういう行動をとるのか、深く考えずに、
その行動を表面的に判断して、怒っていることが多々あります。
そのことに気づかせてくれる絵本でもあります。

この本をご存知な方は多いかと思いますが、
まだ、読まれていない方は、是非一度お読みになってください。
特に小さい子に関わっている保育園、幼稚園、小学校の先生方や、
子育て中のパパ・ママには、お薦めの1冊です。

      *      *

今年の七夕、
子どもたちは、短冊にどんな思いで願いごとを書いたのでしょう。
子どもたちの願いごとが叶うといいですね。


ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも販売
・Amazon Kindle ストア
http://www.amazon.co.jp/kindlestore
・楽天Kobo電子書籍ストア
http://books.rakuten.co.jp/e-book/

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。