スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話が弾む 子どもの頃の話

2012/02/21 Tue

昨日は月曜日。
孫が、我が家に来る日です。

3時頃、そろそろ来るかな、また走ってくるのかな、
と思いながら待っていましたが、なかなか来ません。
もしかしたら、帰りの会が延びているのかも・・・
と思い直し、しばらく待つことにしました。

ところが、3:30になっても来ないのです。
あまりにも遅いので、急に心配になり、
息子の家に電話をしました。

すると、今日は、朝から行くのを楽しみにしていたとのこと。
まだ来ていないことを知ったママも
「ちょっと遅すぎますよね。どうしたのかしら?」
と、心配し、
「その辺まで行って見てきます。」
と、捜しに行ってくれることになりました。

しばらく家で待っていると、見つかったという電話がありました。
帰り道、100円玉が落ちていたので、それを拾って交番に届けたら、
その手続きに手間取って、遅くなってしまったそうです。
事故とか怪我とか、そういう理由でなくてほっとしました。

そんな訳で、孫が来たのは、4:00近くになってからでした。

          *     *     *

「交番に100円玉を届けてきたんですって。」
「うん。」
「偉いわね。手続きって、6ヶ月間とか誰も取りに来なかったら、
あなたのものになりますよっていうのでしょ?」
と聞くと、
「6ヶ月じゃなくて3ヶ月だよ。」
と、教えてくれました。

「実は、私も、○○ちゃんと同じ2年生の頃、
空き地でお友達と遊んでいて、5円玉を拾ったことがあるの。
それで、みんなで警察署に届けたのよ。」
「そうだったの。」
「でも、その時は、手続きとかはなくてね。
お巡りさんが、みんな良い子だねと褒めてくれてから、
お菓子を紙袋にいっぱい入れて持ってきてくれて、
後でみんなで食べなさいといってくれたのよ。」
というと、
「お菓子、いいなあ。」
と、とても羨ましそうでした。

「でも、拾ったお金は、僕の方が多いね。」
といったので、
「確かに、5円と100円を比べるとそうだけど、
その頃の5円は、今の5円とはずいぶん違うのよ。」
と、話しました。

「へえ~、どのくらい?」
と聞いてきたので、私は、
「5円で甘食というパンが買えたわ。今ではとても買えないけれど。」
といいました。すると、
「100円だったら、何が買えたの?」
と、質問されました。
「100円あったら、タクシー(初乗り分)に乗れたわね。」
というと、ビックリした顔になりました。
「だって、お給料が1万円位(多い方かな?)だったと思うわよ。」
と付け足すと、
「安~い!」
と一言。自分のお年玉と比べても分かるのでしょう。

こんな風に話していると、孫は、テレビで映画を見たのか、
「何か、オールウェイズみたいだね。」
と、いいました。
「そうよ。その時代に、私は子どもだったのよ。
東京タワーができた時、幼稚園に通っていて、
あなたの妹ぐらいだったわ。」
というと、
「今は、スカイツリーだものね。
ばあばが子どもの時は、東京タワーで、
○○ちゃん(妹)が子どもの時は、スカイツリーだね。
○○ちゃん(妹)の子どもが生まれる頃は、何ができるのだろう。」
と、いろいろ想像していました。

私は、更に、
東京オリンピックが行われたこと、
新幹線や高速道路がこの時代からつくられたこと、
飛行機も今のようにたくさん飛んでいなかったこと等
を、話してあげました。

すると、
「1ドルは、いくらだったの?」
と、聞かれました。息子が仕事で外国に行くことが多いので、
家で、1ドルがいくらかという話をよくしているのでしょう。 
私が、
「その頃の1ドルは、いつも360円と決まっていたのよ。」
というと、
「高い!今とは大分違うね。」
と、いっていました。

          *     *     *
 
孫が拾った100円玉から、
思わぬことで話が広がり、昔の話がたくさんできました。

孫にとっては、
“ばあばが子どもの頃” を、ちょっと覗くことができたでしょう。
私にとっては、
タイムマシーンで、昭和のよき時代に帰った感じがしました。
こういう時間もいいものですね。

皆さんも機会があったら、是非、
自分の子どもの頃の話をしてあげてください。
子どもからいろいろな質問がでて、会話が弾むと思います。

それにしても、私が子どもの時に過ごした日々は、
随分、遠き日になってしまいました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【おてて つないで】

昨日は月曜日。孫が、我が家に来る日です。3時頃、そろそろ来るかな、また走ってくるのかな、と思いながら待っていましたが、なかなか来ません。もしかしたら、帰りの会が延びているのかも・・・と思い直し、しばらく待つことにしました。ところが、3:30になっても来...

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。