スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害時における子どものケア

2011/03/17 Thu

皆さん、大変ご無沙汰いたしました。
今日は、本当に久しぶり(実は今年初めて)の更新です。
時々のぞいてくださっていた方には、申し訳なく思っております。
本当に、ごめんなさい。

    
     *     *     *     *     *

 
3月11日(金)に、今まで経験したことのない大地震が起きました。

毎日、被災地の報道を見るにつけ、胸が痛む思いです。
今回の大震災で被災されました方々には、心よりお見舞い申し上げます。
また、不幸にも犠牲となられました方々には、心よりご冥福をお祈りいたします。

ところで、皆さんはご無事でしたでしょうか?怪我などありませんか?
私は、お陰様で無事でした。

当時、私は自宅にいて、娘とスタッフの3人で掲示物を作っていました。
地震を感じると同時に家が大きく揺れ、それがしばらく続きました。
娘達は床に座り込み、
「家がすごく大きく揺れているよ。」
「船酔いみたいで気持ちが悪い。」
と、いって怖がっていましたが、
私は、様子によってはいつでも外に出られるようにと、まず玄関のドアを開け、
その後、部屋のドアを開けたところに立って、娘達を励ましました。

あれ以上長く揺れたり、強く揺れたりしていたら、
きっと家中の棚から物が落ちてきて、危険な状態になっていたことでしょう。
いつそうなるかとびくびくしながら地震の中にいましたが、今回はどうにか持ちこたえました。
命あることに感謝です。

でも、今も時々余震(震度3ぐらい)があり、計画停電も実施されているので、
平常心になれない時があります。
大人でもそうですから、子どもはもっと不安でしょう。
そんな子どもたちに対して、大人達はどうしたらよいのでしょう。


先日、小児科医の先生のお話を聞くことができましたので、
今日は、それをお伝えしたいと思います。

<子どものケア 3点>

①できるだけいつもと同じように規則正しい生活をする。
②災害のニュースを何度も見せない。
③子どもが不安を口にしたら、すぐに「大丈夫よ。」と言って遮らず、最後まで話を聞いてあげる。
でも、話したくないことは根掘り葉掘り聞かないように。


また、スクールカウンセラーの先生からも資料を頂いたので、
併せてお伝えしたいと思います。

<大きなストレスがかかった時の子どもの様子>

□ なかなか寝付けない        □ 悪い夢や怖い夢を見る    
□ 食欲がない     □ 暗いところが怖い     □ よく泣いてしまう
□ 悲しくなったり、不安だと感じる     □ 孤立だと思う       □ 物忘れがひどい  
□ わがままをしたり、言いたくなる   □ ぼんやりしてしまうことが多い
□ イライラして気分が落ち着かない   □ 怒りっぽい   
□ 人に理解されていないと思う     □ 人に好かれていない     
□ 怖いことを思い出す       □ 食べ物の味を感じない     □ 一人きりが怖い
□ 人と話すのが嫌だ    □ 成績が落ちた       □ 遊びがつまらない
□ 緊張しやすく、すぐドキドキする    □ 頭が空っぽになったり真っ白になる
□ 自分が弱くてダメな人間と感じる   □ 他人をひどい目に遭わせたくなる
□ もう1人の自分がいる気がする    □ めまいがする      
□ 嫌な出来事を思い出してしまう    □ 急にはしゃいでしまう 
□ 口数がめっきり減る     □ 人を信用できない       
□ アレルギーが出やすい   □ 腹痛がある


<ケアのポイント>

1.安心・安全の保証 (安心)
  ・守られている 一人じゃない     ・学校と家庭が落ち着いていること
  ・可能な限り日常性を維持       ・危ない、恐いところには近づかなくてよい

2.正しい知識と対処法 (自信)
  ・予測される反応と対処法       ・異常な事態への正常な反応という理解

3.主体性とペースが守られること (自由)
  ・話したいことを聞いてもらえる    ・話したくないのに根掘り葉堀り聞かれない
  ・自分なりの方法とペースが尊重されること

ということです。

      
      *     *     *     *     *

 
先が見えない今の状況。
大人が、異常事態だということを常に頭に入れて、子どもたちを温かく守っていかれるといいですね。
皆さんに、少しでも参考になればと思います。

いろいろと大変な時期ですが、それぞれの立場でできることは進んで行い、
協力できることは協力し合って、みんなでこの大震災を乗り切っていきましょうね。


スポンサーサイト

コメント

Secret

Math Exercise Kid (Division)

記事を拝読しました。面白いことを書いてるブログもあって、感服しています。
突然ですが、うちは教育アプリを開発しています。今度は算数のiPhoneアプリ作りました。
足し算の方はデモ版です。
http://itunes.apple.com/us/app/math-kid-free-addition/id440987747?mt=8&ls=1
掛け算の方はデモ版です。
http://itunes.apple.com/us/app/math-kid-free-multiplication/id446179602?mt=8
今なら期間限定無料キャンペイン!
Math Exercise Kid (Division)
割り算の方は正式版で期間限定無料!お早めにダウンロードしてください!
http://itunes.apple.com/us/app/math-exercise-kid-division/id449543879?ls=1&mt=8#
詳しいことはブログhttp://icewhale.com/で、よろしくお願いします。
ご参考になれば幸いです。よろしくおねがいします。

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも販売
・Amazon Kindle ストア
http://www.amazon.co.jp/kindlestore
・楽天Kobo電子書籍ストア
http://books.rakuten.co.jp/e-book/

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。