スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもは元気でのびのびが一番!

2010/02/09 Tue

今回は、テレビのニュースで知ったことについて、書いてみたいと思います。

昨年12月21日の朝のことです。
NHKの「おはよう日本」で、“「早期教育」過熱に警鐘”という特集が放映されました。

最近は、子どもの早期教育に拍車がかかっていて、
そのために子どもの発育に弊害が出ているというのです。
特に就学前の子どもの『うつ病』が増えているとか・・・。

私は、それを聞いてびっくりしました。
日頃、遊んで過ごしている幼児期の子どもたちは、
大人のように、ストレスを感じる環境にはないはずなのに、
“どうしてそんなことになるの?”
と、思いました。
いつもは家事をしながら、聞き流しているテレビですが、
その時は、手を止めて、しっかりニュースを見てしまいました。

『うつ病』になった子どもたちの早期教育の内容が
表にされ、3例ほど出されました。
3人とも共通しているのが、英語教育と脳開発教材でした。

<A君の場合>
生まれて半年から英語教室に通い始めました。
半年の赤ちゃんなのに、英語教室に行くと、A君は喜んでいたそうです。
お母さんは、家でも英語教材のビデオを見せ、
日本語は使わずに、英語で話しかけていたそうです。
ところが、2歳になると、
今まで喜んでいた英語をいやがるようになったとか。
英語教室に連れて行くと、今まであんなに喜んでいたのに、泣き出すようになり、
家でもテレビから英語の歌が流れ出すと、泣き出すようになったそうです。
3歳になって、幼稚園に入園しましたが、
ずっと、日本語を使わずに育てられてきたため、お友達とはうまくいきません。
英語しか話せないので、自分のことが分かってもらえないイライラのため、
お友達をぶったり噛んだりということが続いたそうです。
その結果、1ヶ月で退園せざるを得なかったとか。

A君のお母さんは、とても後悔していました。
周りを見ると、英語教室がたくさんあり、よその子が行っていると聞くと、
うちの子も入れなくてはいけないのではないかと焦ったそうです。
「子どもに対して、本当に取り返しのつかないことをしてしまいました。」
と、悲しげに話していたのが印象的でした。

番組は、その後、
子どもと親が一緒になって遊ぶ“赤ちゃん体操教室”を紹介していました。
そこでは、ベテランの主催者が、
「子どもは、遊びの中で、体を動かしながらいろいろなことを学びます。
遊びは、子どもの問題解決能力を自然に育てるのです。
子どもにとって“遊び”は、生きる力を育むとても大切なものです。」
と、話していました。

また、脳の発達についても、専門家の方が、
「今、早期教育が、もてはやされていますが、
幼児期の脳は、全ての分野が発達するのではなく、
音楽的なものや運動的なものが伸びる時期といわれています。
ですから、早期教育を考える時には、
そのことを踏まえた上でやらせないと効果が見込めません。」
と、いったアドバイスをなさっていました。

どちらにしても、子どもに無理をさせることには、意味がないですね。
私は、虐待でなくなる子どものニュースを聞いたり、
『うつ病』になる子どもが増えているニュースを聞いたりすると、とても悲しくなります。
番組に取り上げられていたA君をはじめ、今、『うつ病』になっている子どもたちが、
早く元気になって遊べるようになれるといいなぁと思いました。

『少子高齢化社会』だからという訳ではありませんが、子どもは宝です。
どの子にも、元気ですくすく成長し、
将来の日本を支える立派な大人になってほしいと思います。
子どもは、たくさん遊び、元気でのびのび生活しているのが一番ですね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中1)と女の子(小4)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。

(ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。また、ネットショップにもあります。
2013年6月より2冊とも電子書籍化されました。こちらでの購入も可能です。)

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。