スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの創造的な力を伸ばそう!

2010/02/01 Mon

昨年12月のある日ことです。
孫(6歳)から遊びたいという電話がありました。
でも、 その日は、たまたま私に予定(来客)があり、
家にはいるのですが、2時までは孫と遊べない状態でした。

ですから、私は、
「2時になるまで、一人で遊んで待てるのなら、
その後遊んであげられるから、来てもいいわよ。」
と、伝えました。すると、孫は、
「分かった。2時まで待てば、2時からは遊んでくれるんでしょ。
だったら行くね。」
といって、昼食後、遊びに来ました。

もちろん約束通り、来てすぐには遊べません。
それを承知で来ている孫は、
「何か作って待っていたいなぁ。」
と、いいました。部屋にあったビニール袋の中の綿を見つけ、
「これ、使ってもいい?」
と、聞きました。私は、
「いいわよ。他にどんなものがほしい?」
と、いいながら、
「あっ、そうそうストローならたくさんあるわ。」
といって、10本ぐらい渡しました。
孫は、頭の中で何か考えついたのでしょうか、それを受け取ると、
「もう、これだけでいい。」
といって、テーブルにつきました。

私は、
「じゃぁ、2時までは一人で作って待っていてね。」
といい、お客様の方に行きました。
孫は、なにやら黙々と綿を丸め始めました。
設計図はありませんが、頭の中に描いたものを作っているようでした。

2時になり、お客様が帰り、私の用も終わりました。
これからは孫と遊ぶ時間です。

私は、待っていた孫の所に行き、
「お待ちどうさま。ちゃんと待ててえらかったね。」
と褒め、
「これからはたっぷりあなたと遊べるわよ。何を作っていたの?」
と、聞きました。孫は、
「綿の玉をストローでとばすゲームだよ。一緒にあそぼう!」
と、いいました。

テーブルの反対側の端には、
カルタの箱(ふたの方)が、サッカーゴールのように立てて置かれ、
その中央の少し前に、カルタ数枚を台にして小さい箱(3cm×5cm×2cm)が、
口を上向きにして置かれていました。

孫は、それを見せながら、
「このゲームは、綿の玉をストローで吹いて、あっちにあるゴールに入れるんだよ。
あの小さい箱のゴールに入れると300点。後ろの大きいゴールは、左に入れると80点、
右に入れると90点、小さい箱のちょうど後ろのところだと200点になるんだよ。
他はみんな0点だよ。」
と、上手に説明してくれました。
綿の玉は、ビー玉ぐらいの大きさに丸められ、どれもほとんど同じ大きさで、
たくさん作られていました。

いよいよゲーム開始です。

孫から始めました。
綿の玉をストローで吹きました。
待っていた間、練習をしていたのか、とても上手でした。
小さい箱の後ろに入ったので200点ゲットです。
点数のつけ方もうまいなと思いました。難しいところに高得点がついています。

私の番になりました。
綿の玉は軽いので、吹き方が悪いと、すぐ変な所にいってしまいます。
私は吹くタイミングが悪く、変な所に落としてしまい、最悪なことに0点でした。

交互に吹き合い、10回戦、戦いました。
孫は、結構いい所に入れて高得点を取り続けましたが、
私は0点が多く、やっとコツを掴めた時には終わってしまいました。

孫が作ったゲームでしたが、二人でたくさん楽しめました。
綿を丸めて玉にし、それを吹いてとばすという単純なものですが、
ゴールの設定、点の付け方など、よく考えたなぁと感心しました。
それも、私の家にあった身近なものをうまく利用して・・・。
孫のアイディアがいっぱいです。

子どもは、置かれた状況の中でいろいろ考えるものなんですね。
子どもの創造的な力には、無限の可能性を感じます。
お金をかけなくても、こんな素敵なもので遊べるのですもの。
これからも、孫にはアイディアや工夫いっぱいのゲームやおもちゃを作ってもらって、
たくさん遊びたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも販売
・Amazon Kindle ストア
http://www.amazon.co.jp/kindlestore
・楽天Kobo電子書籍ストア
http://books.rakuten.co.jp/e-book/

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。