FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの思いをくんで考えた 『チョークいっぱい作戦』 大成功!

2018/02/06 Tue

私は早期退職をした後、
何回か学校にお手伝いに行ったことがあります。

知り合いの管理職の先生から、
「どうしても講師をしてくれる人が見つからないんだ」
という理由でお願いされました。
いわゆる時間講師です。

担任をしていた時には分からなかったのですが、
時間講師というのは、何かと大変なんですね。

学期途中からクラスに入るので、
直ぐには子どもの実態がつかめず、
担任の時と同じように授業をしようと思っても
なかなかうまくいかないのです。

でも、そんなことばかり言ってはいられません。
何の解決にもなりませんので。

仕事を引き受けた以上は、
子どもの思いをくんで、解決策を考えるのが
教師の仕事なのですから。。。

ある年の9月、私は第3週目から、2年生のクラスに入りました。
担任の先生は妊娠中で、切迫流産の危険があり、お休みに入りました。
3週間の短期契約でした。

2年生といっても、そのクラスは、
お友達同士で「バカ」等の言葉を平気で言い合うような雰囲気があり、
少々殺伐としていました。

授業中も、何人かが黒板に出て、
漢字を書いたり、算数の問題をやったりすると、
自分は当たらないと思った瞬間、大きな声で、
「ああ、もう絶対に当たらないなあ。」
「もうやる気がなくなったあ。」
「勉強なんかもうやめた!」
というようなことを、次から次へと発し、
全体のムードをぶち壊す子が何人かいました。

そんな時に、
「全員なんか当てられないでしょう。」
「少しは我慢しなさい。」
「今日、当たらなかった人は今度できるでしょ。」
といったところで、
今日のことは満足できないままなので解決には至りません。
不満は募るばかりです。

そこで、私は、少々オーバーに
「みんな黒板に出て、やりたかったんだあ。
なあんだ、そんなことなら大丈夫よ。
『チョークいっぱい作戦』をすれば直ぐに解決ね!」
と言いました。

すると、子どもたちは、
それは、いったいどういうことなんだろう
という顔をしていました。

私は直ぐ、次の休み時間に事務室に行き、
白いチョークを1箱もらってきて、
黒板のチョーク置き場(溝)のところに
ずらっとそのチョークを並べました。
子どもたちは、そういうことだったのかと
私のすることを見ていました。

さて、次の時間から、
私は何か黒板に出て書くようなことがあったら、
「やりたい人は、みんなどうぞ。」
と言って、前に呼びました。
そのクラスの実態は、殆ど全員がやりたい状況でしたから。

「やりたい人は出ていらっしゃい。
我慢しなくていいからね。
でも、せっかく黒板に書けるのだから、
みんなでうまくやってね。」
とだけいいました。

子どもたちはどうやって書いたと思いますか?

書きたい人全員(25人位)が出てきた時、
最初はごった返しているように見えますが、
そのうち、近くに居合せた3人ぐらいが自然にグループになって、
「僕は上の方に書くから、Aちゃんはその下に書いてね。
Bちゃんは一番下に書いてね。」
と、書く場所を決めたり、
「最初にCちゃんが書いて、次にDちゃんが書いて
最後に私が書くね。」
と、書く順番を決めたりして、仲良く譲り合って書いていました。

どこもけんかにならず、もたもたすることなく
スムーズに書いて自分の席に戻って行きました。
子どもたちって、すごいです。

私は、この様子を目の当たりにして、
子どもたちの気持ちを押さえつけて我慢させるより、
子どもたちの思いをくんだ解決策を考えてあげる方が、
どれだけよいかと思いました。

子どもたちの実態を知り、子どもたちの思いをくむことは、
授業を成功させる大事なポイントの1つです。

このクラスから、授業をぶち壊すムードは消えていきました。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。