スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その15>―

2018/01/16 Tue

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「佐久間勝彦先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-127.html

今回は「大前 忍先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1949年、群馬県榛名町に生まれる。
1973年、群馬大学卒業後、群馬県公立中学校に赴任。
その年から「群馬作文の会」に学び、
それ以降、子どもの“生きる力”と“感性”を育てる児童詩教育に惹かれ、一貫して取り組む。
毎年夏に開かれる日本作文教育研究大会では、提案者・講師として自らの実践を発表してきた。
群馬作文の会常任委員・日本作文の会委員・群馬県藤岡市の公立小学校に勤務していた。

<著書>
教師を生きる (本の泉社 2006年)
児童詩のすすめ (本の泉社 2006年)

それでは、どうぞ。

* * * * *

「子どもと教育を語る教師の輪」

ほとんどの学校は、
日々の仕事に忙殺され教師の間で話し合う余裕がなくなりつつあります。

私が教師になった頃は、
授業や子どもについて熱く語る教師がたくさんいて、
その中で教師は創造的でなければならないと教えられました。
今は、職員室で子どものことを話す明るい声がきえて、
パソコンに向かうようになっています。

心身共に疲れるが、私は、子どもの心の声を受けとめながら、
教師として自分を貫き通したいと思っています。

私は教師になってから
ずっと子どもたちに作文や詩を書かせてきました。
子どもの言おうとすることが伝わってくるのです。
子どもの息づかいが感じられてくるのです。
そのことを何よりも大切にしてきました。

子どもの事実を何よりも大事にし、共感し、
ともに笑い泣き怒る教師は乗り越えていけます。

楽しく子どもと教育を語る教師の輪をつくり
「がんばりすぎない」「一人で悩まない」「明日のことまで心配しない」
と手を取り合って、
自分らしく、したたかに、なるようになる
と生きていこうではありませんか。

* * * * *

いかがでしたか?

教育の対象は生きている子どもたちです。
それも一人一人違う子どもたちです。

大前先生は、
一人一人の子どもたちに作文や詩を書かせることで、
その子の気持ちや言いたいことを知る努力をしてきました。

同じやり方でなくてもいいのです。
自分のやり方で一人一人の子どもたちを知る努力をしていくと、
見えなかったものが見えてくるものです。

そして、教育に行き詰ったり困ったことが出てきたりしたら、
語り合える仲間や先輩に相談することです。
あなたには
「子どもと教育を語る教師の輪」がありますか?



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。