FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その14>―

2018/01/10 Wed

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「濤川 (なみかわ) 栄太先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-125.html

今回は「佐久間勝彦先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1944年生まれ 千葉県出身
早稲田大学第一政治経済学部卒 同大学大学院修士課程(教育学専攻)修了
神奈川県川崎市公立中学校教師 千葉経済附属高校長を経て千葉経済短期大学長 
学校法人千葉経済学園理事長 千葉経済大学学長 
千葉経済大学短期大学部学長 同短大こども学科名誉教授
専門は社会科教育。

<著書>
『社会科の授業をつくる・社会に目を開く教材の発掘』1985年(明治図書出版)
『地域教材で社会科授業をつくる』1987年(明治図書出版)
『教材発掘フィールド・ワーク』1989年(日本書籍新社)
『社会科なぞとき・ゆざぶり5つの授業・授業の世界を楽しむ』1992年(学事出版)
『教師の感性をみがくすてきな実践者たちとの出あい』1996年(教育出版)
『学級崩壊を超える授業子どもの熱い期待にこたえる』1999年(教育出版)
『フィールドワークでひろがる総合学習』2003年(一茎書房)

それでは、どうぞ。

* * * * *

「学級崩壊は授業の在り方と関係している」
 
学級崩壊の報告を聞くたびに、
私には授業のことが触れられていないと思えてならない。

テレビで
学級崩壊現象に当面している教師の
授業の一場面が放映されたのを見て、
子どもが荒れるのはいたしかたないと感じた。
その教師には、子どもを集中させる術がないし、
彼の授業からは
このことをどうしても教えたい考えさせたい
という意気込みが感じ取れない。

緊張感のない「授業ごっこ」のようなものに、
子どもたちは閉口している。
子どもたちが入れ代わりトイレに行くのは、
そんな授業などには魅力を感じませんという、
教師に向けての子どものメッセージにほかならなかった。
 
河上亮一氏は
「教師たちは、授業をやるときに、
生徒に興味をもってもらいたいと動機づけをし、やり方を工夫し、
生徒の現実生活とのかかわりを考えてやろうとしている。
教師だって『面白くない』授業は嫌だし、
うまくいかなくて授業が騒然となるのも困るからである。
教師が努力をしてないと考えているのなら、
それはちがうと言わざるをえない」
と述べられていることは、間違いないであろう。

授業をおろそかにする教師がいるはずがない。

しかし、問題は、その努力の向けられる方向。
方向が適切でない場合には努力も実を結ばない。
研究のあり方については、謙虚に省みる姿勢をもたねばならない。
授業以外に問題の原因を求めていくといった処し方を教師がしていては、
学級崩壊という問題は決して切り開かれないだろう。
 
知識伝達・丸暗記型の平板な授業がこのまま続く限り、
また、支援と共感を強調し、
学習の質を問わない「活動重視の授業」が続けられていく限り、
子どもはいつか授業に愛想をつかし、
学校を見限っていくことになろう。
 
子どもや家庭に様々な問題があっても、
子どもたちに知的充足感を味わわせ、
充実した学校生活を送らせている教師はたくさんいる。

そういう教師から、授業のあり方について熱心に学びとり、
授業者としての力量を高める努力をしていくならば、
子どもは少しずつ授業の世界に身をまかせ、
授業の中で、心地よい時間を感じるようになるにちがいないからである。
 
つまり、問題は教師のいだく授業観である。
それが変わらない限り、
今の事態がよい方向に変化を遂げることは期待できない。
自分の授業の問題点を克服していこうとする真摯な姿勢が
欠かせないのである。

* * * * *

いかがでしたか?

子どもたちの興味を引き、
ワクワクして夢中になるような授業を行えば、
勝手におしゃべりをしたり、
立ち歩いたりするはずがないですものね。

面白くないから、
違うことをしたり、遊びたくなったりしてしまうのです。

やはり、「教師は授業で勝負!」です。

児童の実態把握、教材研究、教材作り等に時間を使って、
子どもたちにとって楽しく学べて分かる授業を
目指しましょう。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。