FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その13>―

2018/01/07 Sun

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「魚住絹代先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-123.html

今回は「濤川 (なみかわ) 栄太先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1943年(昭和18年)~2009年(平成21年)に生きた方です。
東京都出身 1966年3月、立教大学経済学部経済学科卒業。
いすゞ自動車に入社したが、教師への夢を捨てきれず同大学文学部教育学科に再入学、
1968年3月卒業。 同年4月、横浜市小学校教員に。
横浜市立豊田小学校教諭や南舞岡小学校教諭、同市教育センター研究員など務めた。
20年間の小学校教師を経て、ニッポン放送「テレホン人生相談」回答者。
40年間務めた教育相談では、悩める子どもたちに体当たりで励まし立ち直らせた。
日本の教育評論家、「新・松下村塾」塾長(2007年濤川平成塾に改称)、日本教育文化研究会代表、
日本と世界の子どもたちを救う会代表、「輝け日本!」会長などを死去まで務めた。
国家戦略研究会議創立者、元新しい歴史教科書をつくる会副会長

<著書>
『今、親は子に何を語るべきか』 (みずうみ書房 1982年。新書版はごま書房 1983年)
『お父さん、お母さん、聞いてください』 (みずうみ書房 1983年)
『子どもは爆発的に伸びる』 (教育社 1985年)
『抱きしめる教育』 (サンマーク出版 2002年)
『子どもよ死ぬな!』 (ポプラ社 2007年)
『子どもは「抱きしめて」育てなさい』 (中経出版 2007年)
『病気は必ず治る!』 (ヒューマンアソシエイツ 2007年)
他・著書共著多数

それでは、どうぞ。

* * * * *

「自分を癒すこと」

私は朝晩、短時間ながら、
自分のあり方をふり返る時間を持つようにしている。

夜は入浴しながら、
「今日はああすればよかったな」「これはまずかったな」
という反省と、
「今日も頑張った」「このやり方はよかったぞ」
という自己肯定を欠かさない。

自分で自分をほめるのは、
ある程度のうぬぼれと自己陶酔がないとやりにくい。
これができるようになれば、
心から自分を好きになれるし、
自分を客観的に評価できるようになる。

「自分を癒すこと」は必須の行為である。
幸せな人は、周りも幸せにできるものだ。

* * * * *

いかがでしたか?

仕事は、誰かにほめられるためにしている訳ではありませんが、
少しでも達成感を味わえたらいいですよね。

今日1日を振り返り、いろいろと反省する中で、
「あの時間のあの場面はうまくいったなあ。
子どもたちが真剣になっていたなあ。
そして、できた喜びから子どもたちみんなが笑顔になっていたっけ」
なんて思い出せたら、自然と
「明日もがんばるぞ!」
と思えるようになる気がします。

教師は、毎日子どもたちの前に立つ仕事です。
心身共に元気な自分になりましょう。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。