スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもには「肯定的な言葉かけ」をしよう

2017/11/28 Tue

先日、ツイッターを見ていたら、
脳について興味深い記事がありました。
それは、
『脳(潜在意識)は、否定形を理解できない』というものでした。

読んでいくと、具体的な例が挙げられていました。

*大事な約束の前日に
「絶対遅刻しないようにしよう」と念じて寝たのに、当日遅刻してしまった。
*失敗が許されない場面で
「失敗しませんように」と心の中で何度も祈ったが失敗してしまった。
*泣いている子どもに
「泣かないで」と言ったら余計に泣いてしまった。
と、いったような現象は、
『脳(潜在意識)が、否定形を理解できない』ことから起こる
というのです。

子どもが危なっかしそうに、牛乳を運んでいるとしましょう。
それを見て、大人はつい
「こぼさないように気をつけて運んでね」
という言葉かけをしがちです。
でも、人間の脳は、否定形が分からないので、
「こぼさないように」のフレーズの中の「こぼす」という言葉に頭が支配され、
本当にこぼしてしまうのだそうです。

タイガーウッズは、それを知ってか、
ゴルフクラブを握る時、
「池に落とさないように」とか「バンカーに入らないように」
とは、決して思わないのだそうです。
ただひたすらフェアウェイに向かってボールを打つそうです。
すると、見事にボールは真ん中へ。
最後の優勝を決めるパットでは、
小さなボールを何mも先から直径11㎝足らずの穴に入れますが、
その時も、
「入らなかったらどうしよう」とか「外さないように」
とは思わず、
「絶対に入る」
と念じるそうです。
すると、生き物のように小さなゴルフボールが、
スルスルと穴に向かって吸い込まれていくのだそうです。

否定形を言うと、
脳は、そちらに引きずられる訳ですから、困ったものです。

「こぼさないように」というと「こぼす」という言葉に
「落とさないように」というと「落とす」という言葉に
「喧嘩しないように」というと「喧嘩する」という言葉に注目して、
本当に失敗するのですから、マイナスな言い方はできませんね。

では、どのように言い換えればよいのでしょう。

そこには、
「こぼさないように」「落とさないように」の代わりには「しっかり持とうね」
「喧嘩しないように」の代わりには「仲良く遊ぼうね」と書いてありました。

ある方の興味深い体験談もありました。
以前、牛乳をコップに注ごうとしている子どもに
「こぼさないようにね」といったところ、9割方こぼしていましたが、
「両手でしっかり持って、ゆっくり入れようね」
という言葉かけにしたら、成功率が急激にアップしたのを思い出しました。
とのこと。

このように、否定的な言葉かけでは、
「できない」というマイナスのイメージに意識が向かい、
行動にも影響が出てくることが分かりました。

ですから、
子どもに言葉かけをする時には、
「○○しようね」
といった肯定的な言葉かけがいいようです。
「できる」というプラスイメージに向かって
真っすぐに前進していけるのなら、そうすることが賢明ですよね。

子どもだけでなく、私も何かをする時には、
自分に、脳の特性を生かした言葉かけをして、
うまくいくことが増えるようにしたいと思いました。
折角の人生、毎日気分よく過ごしたいですものね。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。