スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その原因は何ですか? ―授業中の私語―

2017/11/17 Fri

私は、ものごとには、
必ず因果関係があると思っています。

ですから、何か問題が起きた時には、
まず「原因」を探ることが大事だと考えます。
元となる「原因」を解決しなければ、
本当の解決にはならないと思うからです。

でも、世の中の様子を見ていると、
「原因」を探らず、「結果」の方だけを見て、
それをどうにかしようとしていることが多いように思います。

このことを教育現場で考えてみましょう。
『子どもたちが授業中、先生の話を聞かず私語がとまらない』
とします。

どうしてそういう状況になるのか、
本来なら「原因」を探らなければなりません。

でも、「原因」を探らず、
「授業中は静かにするもの」「私語は禁物!」
ということを頭から子どもたちに押し付けたとしたらどうでしょう。

「授業中のおしゃべりはしてはいけません。」と話したところで、
訳の分からない低学年の子どもなら、きっとしゃべり続けるでしょうね。
それが、子どもの自然の姿だと思います。

そんな状況を見て、先生の方は、
静かに聞かせたいという思いがますます強くなり、
「静かにしなさい!」
と、強い口調で言ったり、
「その態度は何だ。授業をなんだと思っているんだ!」
なんて、怒鳴ったりして、
子どもたちを威圧することになりかねません。

子どもたちは怖い先生だと認識すると、静かになりますが、
このような現象は、本当に解決したと言えるのでしょうか?
優しい先生になった途端、またしゃべり出すとしたら、
それは根本から解決したとは言えません。

では、どうしたらよいのでしょう。

それは、「原因」を探ることです。
「子どもたちが授業中しゃべりたくなってしまうのはなぜだろう?」
と。

①導入時の興味関心のもたせ方が足りないのかな?
②全体的に授業内容が難しいのかな?(実態把握不足)
③説明の仕方が悪いのかな?見せる資料が必要かな?
④子ども自身が活動する時間が足りないのかな?(子ども主体でない授業)
等々、チェックしていけば、原因にたどり着くはずです。

そして、それらを一つ一つ解決していけば、
子どもたちにとって、興味がもて、面白く、よく分かる、楽しい授業になります。
そんな魅力ある授業を受けている時に、
子どもたちは勝手にしゃべったりしないものです。
身を乗り出し、目を見開いて、真剣に授業を受けるものです。

『授業中、子どもたちが静かにしている』
という表面的な姿を見て「よし!」とするのではなく、
『どの子も生き生き活動している』という中身のある姿になるよう、
子どたちにとって魅力のある授業をすることが、
私語をなくす根本的な解決だと思っています。

教師は授業で勝負です!



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。