スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い先生方へ ―子どもたちの名前を早く覚えよう―

2016/04/01 Fri

桜をはじめ、様々な花が咲き、
街全体がきれいに彩られる季節になりましたね。

今日から新年度が始まりました。
子どもたちを迎える始業式や入学式も目前です。
準備は進んでいますか?

年中忙しい教師生活ですが、
特に4月はスタート時期なので、やることが多く大変かと思います。
目が回らないように気を付けてくださいね。


さて、今回は4月初めなので
「子どもたちの名前を早く覚えよう」について書いてみたいと思います。

名前を覚えるのは、教師の大切な仕事です。

まず、子どもたちに出会う前に、
正しい読み方を確認しておきましょう。

私は、子どもの頃、初めての先生に
「姓」を正しく呼ばれたことが殆どありませんでした。
ですから、一度で正しく呼んでくださった先生に出会った時は、
すごく嬉しく思いました。

最近はキラキラネームなど、読み方が難しいものがたくさんあります。
名前はその子にとって大事なものです。
初めて出会った日から、正しく呼べるように、事前の確認は不可欠です。

次に、出会ってからのことです。
新学期が始まったばかりの頃は
全員の顔と名前が分かるはずがありません。
それでも、
「前から4番めの黄色いTシャツを着ている男の子」
などという言い方をされたら、子どもだって嬉しいはずはありません。
大切なコミュニケーションもとりにくくなります。

そこで、1日も早く子どもたちの顔と名前が一致するように、
私が現役時代にしていた方法を1つ紹介します。

それは、「新学期早々の1週間だけ、座席は名簿順」
というものです。

この方法だと、予め座席表を作っておけるので、
どの席に誰が座っているか一目瞭然です。
「前から4番目の……」
などと言わず、
「Aさん」
と、その子の名前を呼べるので、子どもたちもすぐ自分だと分かり、
いろいろな点で事がスムーズに運びます。
また、子どもの方も、
早く自分の名前を覚えてもらえたということで嬉しいものです。
(私自身、子どもの頃そう思いましたから)

気を付けなければならないことは、
視力が悪いのに一番後ろの席になってしまった子や
体の大きな子が前の席にいるため
黒板が見えなくなってしまった子に対する配慮です。
その場合は、部分的に席を替える必要があります。

1週間と区切るのは、
自分に期限を決めて早く覚えるようにするためと、
子どもたちにとって、気が進まない「名簿順座席」から
早く解放してあげるためです。

早く覚えるには、子どもたちの名前を多く呼ぶことです。
授業中はできるだけ全員を指名して名前を言う機会を増やしたり、
休み時間も、子どもたちと過ごし、
「B君は、今、何に夢中なの?」
「C子さんの趣味は何?」
などと、積極的に子どもたちに話しかけたりすることです。

私は、放課後、誰もいない教室で仕事をしている時、
席を見ながら一人一人の顔を思い浮かべ、
そこに座っている子どもの名前を言って、
覚えられたかどうかの確認をしていました。

このようなことを重ねていくうちに、
3日もあれば、自然に名前と顔が一致して、
座席表を見なくても呼べるようになります。

以上が私のやり方です。
ですから、これが絶対というわけではありません。

それぞれの先生が、自分なりの工夫をして、
子どもたちの名前が早く覚えられるといいですね。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。