スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある中学生のLINEの出来事を知って。。。

2014/03/01 Sat

今日から3月。

昨日はあんなに暖かかったのに、今日は雨で気温も低いですね。
三寒四温といえども、気温差が大きいのは体にこたえます。
皆さん、体には十分気を付けて過ごしましょうね。

さて、今回は「中学生のLINE」についてです。
実は、昨日、ツイッターを見ていたら、

ある方の
『LINE は確かに人を殺すかも』
これはすごく怖い。
学校内でのいじめ対策なんて吹っ飛ぶレベルで。

という呟きが目に止まり、ドキッとしました。
今4年生の孫も、後2年経つと中学生になるので、
他人事ではありません。

どういうことだろうと思い、
そこに貼られていたブログ
http://ameblo.jp/zaitakuseitokaicho/entry-11780583827.html …
を見ることにしました。

読むと、
このブログを書いていらっしゃるお母さんのお子さんの
LINEでのできごとでした。
お子さんが、LINE上でケンカ(?)をし、
集中砲火を浴びたのです。

どのような状況かがよく分かり、いろいろ考えさせられました。
皆さんも、よかったらこのブログをご覧になってみてください。

私も、このお母さんのように、
中学生はLINEはしない方がいいかもしれない
と思いました。

でも、今の時代、それは無理でしょう。

だとしたら、何ができるでしょう。

私は、学校の先生方には、この事実を知ってもらい、
子どもたちがLINEによる被害に遭わないように、
あるいは加害者にならないように、
使い方や嫌な思いをした時の対処法など、
何らかの指導をしてほしいと思いました。
(もう既に行っている学校もあるかと思いますが…。)

授業としては、
社会科(情報社会)・道徳(思いやり・相手の気持ち)
などでできるのでしょうか?
あるいは、生活指導(LINEの正しい使い方)で行うとか?
どちらにしても、実態に合った対応策が必要に思いました。

こう書きながらも、学校は色々やることがあるので、
この指導をするのは大変だろうなとも思います。

でも、家庭では、自分の子どもには対応できますが、
不特定多数の相手の子どもにまでは、何もできませんから…。

勿論、家庭は、学校任せにするのではなく、
自分の子どものことは、よく見ていかないとなりませんね。

結局、当たり前のことになってしまいますが、
家庭と学校が連携をとりながら、
それぞれができることをしていくことでしょうか。

娘(30代)にこの話をすると、
「お母さん、子どもだけでなく大人も同じよ。」との返事。

そういえば、最近、ある大学生が彼女にLINEで自殺を迫り、
彼女が死んでしまったという事件がありました。

文字だけだと、電話と違い、声が聞こえないので、
どんな風に言われているのかわかりません。
余計に悪くとってしまう可能性は、大ですね。

「知らぬが仏」といいますが、
自分に対する批判、悪口などは聞かない方がいいので、
自分からシャットアウトすることも大事ですね。

それにしても、私が過ごした子ども時代とは、
全く違った世界になっているなあと強く感じました。

色々な問題がありますが、
子どもたちには、
元気に生き生きと生きていってほしいと願います。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。