スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫たちが大好きな超簡単手づくりおやつ

2016/02/07 Sun

学校の帰りに私の家に来る孫たち、
前にも書いたように、目一杯学校で勉強してくるので、
おなかがとっても空いています。

来ると、まず「おやつタイム」になりますが、
一般の市販のお菓子類は、
裏を見ると分かるように添加物がたくさん入っているし、
遺伝子組み換えのものも結構つかわれていると聞いているので、
私は、あまり食べさせる気にはなりません。
市販のお菓子は、
できるだけ自然食のお店のものを購入して与えています。

市販のものに頼らず、
簡単にできる手づくりおやつがあればいいなと思い、
昨年、1冊の本を買いました。
『うかたまのおやつ本』(農文協)という本です。

表紙には
「毎日かんたん 黒糖・野菜・雑穀のおいしいお菓子」
「手づくりのおやつレシピ100」
と、書いてあります。
何となく体によさそうでしょう。

その中で、
「これは本当に簡単そう!」
と思うものを見つけ、つくったところ、
孫たちが
「おいしい!おいしい!」
といいながらパクパク食べてくれたので、
その後もよく作るようになった一品があります。

紹介しますので、皆さんも是非つくってみてください。
子どもは意外と昔から伝わっている素朴な味が好きなようです。

―おつゆ麩の黒糖がらめ―

<材料>2カップ分
・おつゆ麩……2カップ
・黒砂糖……大さじ2
・水……大さじ1

<つくり方>
1.フライパンに黒砂糖と水を入れて熱し、
 黒砂糖が溶けて細かい泡が立ってきたら、
 麩を入れて黒砂糖液にからめる。
2.器に入れ、重ならないように広げて冷ます。

これだけです。
私は黒砂糖の代わりによく黒蜜を使うので、1分もあればできます。

すごく簡単なのに
「おいしい!おかわり!」
と、言われるので最高です。

この本には,ほかにもたくさんのおやつのつくり方が載っているので、
こればかりつくらず、どんどん挑戦してみようと思います。

ひとまず孫娘と「大根焼き餅」を作る約束をしました。
米粉を使った台湾の定番おやつだそうです。
お楽しみに。


ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「食は命なり」 食生活について考えてみませんか?

2013/02/01 Fri

今日から2月です。
今年も、1/12が過ぎてしまったことになります。
早いですね。

ところで、
子どもたちが、何かに夢中になって頑張っている姿って
いいものですよね。
勉強でも、遊びでも、スポーツでも、どんな場面でも、
私はそういう姿を見ると、とても幸せな気持ちになります。
そして、
「がんばれ~!」
って、応援したくなります。

でも、それは、
子どもたちが、心身共に元気でなければできないことです。
病気になったら、思い切り体を動かすことも考えることもできないからです。
人が活躍するには、
子どもでも大人でも「健康な体」が大事な要素になってきます。

体をつくっているのは、食べ物です。
食べ物について、いろいろ考えることは必要ではないでしょうか?
将来、日本を担う子どもたちのためにも。。。

ということで、
今回は、「食生活の大切さ」について書きたいと思います。

     *     *

一昨日、テレビをつけたら、
89歳の現役の料理記者、岸朝子さんが出演中でした。
今年90歳になられるとは思えないくらい、ハツラツとなさっていました。

今もいろいろな方面で、ご活躍だそうです。
「食は命なり」と考えて、
今までずっと実践されてきた方だからこそと思いました。
テレビに映し出されている姿が証明していました。

岸さんは、番組の中で、
最近の「食生活」について、心配なさっていることを
いくつかお話されていました。

<その1>
今、取材に来る若い人は、調理器具を持っていない。
結婚しても持たないそうで、
その理由は、出来合いのお惣菜を買う方が安いからとか。
「今は、調理をしなくても生活できるのですね。でもね…」
と、心配そうなお顔をされていました。

<その2>
若い人がスーパーなどで買い物をしている様子を見ると、
買っているものから
「あれでは体が…」と、とても心配になり、
思わず注意したくなるそうです。
(実際に注意はしていないようでしたが。)

<その3>
最近のお母さんは、台所に立って調理をしないので、
「ご飯を作っているお母さん」を見ていない子どもたちが増えている。
これは、子どもにとって良くないことではないでしょうか?

等々です。

「このままではいろいろ心配で、どうにかしなければと思うので、
この年齢でも、まだまだこの世で頑張っていきたい。」
とお話されていました。

     *      *

私もいろいろなことを聞いたり、目にしたりするにつけ、
今の日本の食生活については心配しています。
ですから、岸さんのお話にすごく共感しました。

食事は、お腹を満たせばいいというものではありません。
栄養のバランスや量も考えなければなりません。

かつて、若い女性が
「お菓子がご飯」
と言っているのを聞いたことがありますが、
これでは、健康な体づくりはできません。
将来お母さんになることを考えると心配ですよね。

また、出来合いのお惣菜を利用することについてもです。
忙しい時は、仕方がないにしても、
毎日となると、
添加物等の問題もあるので心配です。

子どもたちにとっても、
誰が作ったのか分からない食べ物ばかり食べていると、
感謝も生まれないと聞いたことがあります。

私が子供の頃には、
お家の人が作ったものを食べるのが普通でした。
今のようにスーパー、コンビニ、お弁当屋さんから
食事をたやすく買える状況ではありませんでしたから。

でも、
「お母さん、今日のご飯美味しいね。
これは何ていう食べ物?」
などのように、食べ物に関する会話は弾みました。
美味しいおかずだと、
「また、作ってね。」
と、おねだりして、今でもその味は覚えているものです。

今は外食産業が盛んになり、便利になった分、
その代償は大きいようです。

色々な病気が増え、病人数も増えていると聞きます。
また、精神的に切れやすい人も増えているとか。
全て食べ物のせいではないかと思いますが、
食べ物の役割は大きいと思います。

これ以上、ひどい状態にならないように、
「健康な体づくり」を求めて、よりよい食生活について考えてみませんか。

また、このブログでも取り上げていきたいと思います。

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中1)と女の子(小4)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。

(ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。また、ネットショップにもあります。
2013年6月より2冊とも電子書籍化されました。こちらでの購入も可能です。)

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。