スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校と家庭の協力とは? ―『宿題の丸つけ』から見えるもの―

2016/01/21 Thu

ある日のツイッターです。

小3の子を持つ母です。
「親は宿題の採点をし、普段から子どもの様子を把握しましょう。
学校任せではなく、家庭と学校とで子供を育てましょう!」と、
入学当時の保護者会で説明がありました。
昔自分は宿題は親採点なしで提出。時代かと思っておりました。

これに対して、百ます計算で有名な蔭山英男先生が、

『宿題の丸つけを親にさせるというのは、本当にショックだった。
正直、学校の終わりくらいに思える。
もしそんな教師が担任で、そんなことが容認される地域なら、
家庭で自衛策を持つしかないと思う。』

と、返信していました。

学校と家庭が協力し合うということは大事なことですが、
宿題を親が採点することなのでしょうか?
もちろん学校側は、
それだけを挙げて協力とは言ってはいないと思いますが。。。

では、学校の役割とは何なのでしょうか?
家庭の協力とは何なのでしょうか?

今回は「宿題の丸つけ」という観点から考えてみたいと思います。


私の孫の学校でも、親が丸をつけるようになっています。
ですから、孫たちが私のところに来て宿題をする時は、
私が丸つけをしています。

丸をつけるものは、計算ドリル、漢字の問題(漢字の練習の時はしません)で、
音読は出来具合の評価(◎・〇・△)をします。

子どもが解いた問題について、
すぐに丸をつけ、間違いをやり直すことは私も良いことだとは思います。

ただ、親は教師ではありませんから、
間違って丸をつけたり、
漢字などでは細かく見ていないで丸をつけることもあります。

学校側は親が丸をつけたものを提出させるのですが、
それをもう一度きちんと見直す先生がどれだけいるのでしょうか。

実際、私は、孫が間違って書いた漢字に親が丸をつけ、
そのままになっているものを目にしたことがあります。

もちろん見つけた時には直させましたが、
それはかつて私が教師だったからできることで、
親にそこまで要求するのは無理です。

また、こんな話も聞いたことがあります。

先生も、間違っている字に丸をつけていたのです。
人間ですし、そのこと自体は攻める気もありません。
ただ、そのまま覚えていた子は、テストで✖をもらい、
いつもは丸だったので間違っているとは思わず、
先生にテストを見せて聞いたところ、✖だといわれ戸惑ったそうです。

子どもにしてみれば無理もありません。
先生は正しいからいつも丸をつけてくれていたと思っていますから。

先生は、間違って丸をつけていたことを謝り、
「これが正しい字だよ」
と教えてくれれば済むことだったと思います。

しかし、その先生は、
後日の保護者会でそのことを例に挙げ、
宿題をちゃんと見いていない親が悪いというようなことを
仰ったそうです。

それを聞いた母親は、
自分が悪かったんだ。子どもに申し訳ないことをした。
私がしっかりしなくちゃ…
と思ったそうです。

そうでしょうか?

私はそれは違うと思います。
どの親も子どもの勉強を教えられるかといったらそんなことはありません。
教えられる親もいるでしょうが、教えられない親だっているのです。
だから学校があって、専門職の教師が仕事として勉強を教えるのでしょう。
教師がきちんと教えなくてどうするのでしょう。
親が何でも教えられるのなら、学校なんかいらないじゃないですか。

宿題を親に見てもらい、丸をつけてもらってもいいですが、
それを、教師はもう一度きちんと見直すべきなのです。
やらせっぱなしにしないで。。。

「普段から子どもの様子を把握し、
学校任せではなく、家庭と学校とで子どもを育てましょう」
というのは、宿題の丸つけをするのではなく、
学校から帰ってきた子どもを温かく迎えたり、
子どもの話をゆっくり聴いてあげたり、
ご飯をしっかり食べさせ、栄養をつけさせたり、
十分な睡眠をとらせ、体の回復を図ったり…と
本来、家庭がするべきことをして、
子どもたちが、学校で元気に活動できるようにすることではないでしょうか。


みなさんは、どう思われましたか。

学校と家庭がそれぞれの役割を今一度見直し、
お互いが協力し合って、子どもたちを育てていけるといいですね。
毎日、子どもたちが自分の力を十分発揮し、
元気に楽しく過ごせることを願っています。


ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

子どもたちのために 工夫ある授業を!

2016/01/03 Sun

『この先生良いこと言っているな~。
うちの小学校の先生にも是非話を聞いてもらいたい。
そうそう、指導力ってこういうことだよ。』

先日、ツイッターを見ていたら、こんな呟きが目に飛び込んできました。
早速、添付されていたURLを開いてみると。。。

『小学校の授業に一風変わった教育手法を持ちこみ、
子どもたちのモチベーションを上げまくっている先生がいる。
東京学芸大学附属世田谷小学校の沼田晶弘先生の授業風景は、
まるで司会者とひな壇芸人のようだ。』
と、書かれていました。

一般的にイメージされている普通の授業が
先生の説明を聞き、さされたら何か答えるという
国会答弁みたいな感じだとすると、
沼田先生の授業はそういう決まった形がないとか。

先生が問いかけると、子どもたちは座ったままどんどん話す。
そこにツッコミを入れつつ、話を広げたり、ほかの子に振ったり、
最後に先生がオチを持っていこうとすると、また子どもたちが取り返す。
そんな授業をなさっているそうです。

だから、子どもたちに
「先生の授業はお笑い芸人さんみたいだね」
といわれているとか。

沼田先生は
『なんでそうなっているの?』を考えさせたくて
基本的に正解・不正解がないことを聞くことが多いそうです。

例えば算数では、
最初に公式「三角形の面積=底辺×高さ÷2」を出して、
『なんでそうなっているの?』を考えさせるとか、
「筆算」ってなんで縦書なの?と問いかけて、
その理由を考えさせるとか。

「今の子どもたちは塾とかに行ってるので、
学校で習わなくても、筆算の仕方くらいは知っています。
でも筆算の仕組みはわからないので、
それを考えることによっていろいろ学べるのです。
なるべく彼らがやりやすいようにしたいんです。」
というのが、沼田先生のお考えのようです。

私が特に面白いなと思ったのは、
「日本の国土を学ぶ」の単元を
「地域について調べなさい」ではなく「勝手に観光大使ね」
という実践です。

最初は「はあ?」という反応だった子どもたちは、
「全員好きな都道府県をやっていいぞ。パワポで資料作りにいくぞ」
という先生の言葉で、どんどん魅かれていきます。

パワポをどんどん触りだすとうまい子どもが出てきて、
それをプロジェクターで写して、
「どうやってやるの?」
と聞き合い、学び合いが成立したそうです。
そうすると、
「もっと写真が必要だよね」
という話になって、都道府県についてどんどん調べ出したようです。
その結果、調べた県についてすごく詳しくなり、
最後に一人ひとりが観光大使としてプレゼンした時はすごかったとか。

ここで終わらず、
最後にまとめとしてノートにしないと書く力がつかない
と考えた先生は、
「よしこれ、知事に送るぞ」
といい、ノートにまとめさせ、全知事に送ったそうです。

知事からお手紙が来たり、お礼にクリアファイルとかを送ってもらったり、
兵庫県からは
「勝手になんて言わずに正式に特別観光大使に任命します」
という通知が来たり、
島根県からは
学校にゆるキャラ「しまねっこ」が来たりしたそうです。

子どもたちが実際に調べたことが、
教室から飛び出し、社会的な評価を受けることは、
すごいなと思いました。
きっと子どもたちのその後のやる気にも繋がったことでしょう。

私も現役時代に、
「外国に頼っている小麦の輸入がストップしそうだ。
どうにかしないと小麦製品が食べられなくなる。
そうならないようにするにはどうしたらよいだろう」
という大問題を
子どもたちを『研究員』に任命して、その解決策を考えさせたり、
水俣病と知らせず、子どもたちを『名探偵』に仕立てて
「九州のある地域でおかしなことが起きている。
どうか1日も早くその原因を突き止めて助けてほしい」
と依頼し、分かっている事実をいくつかに分けて提示し、
その因果関係を考えさせたりしたことはありましたが、
子どもたちが考えたことは素晴らしいものであっても、
それらは教室の中にとどまっていました。

広めるといっても、学級だよりで、
「社会科で○○を勉強をして、子どもたちが○○な考えを出してくれました。」
と、保護者にお伝えするぐらいでしたね。

沼田学級では、授業のほかにも、
「日直」を「キャプテン」と、「班」を「チーム」と呼ぶ等、
子どもたちのテンションをあげ、やる気にする工夫がありました。

学校生活の殆どは授業時間です。
その授業が、子どもたちにとって分かるものでなければ、
学校生活は苦痛なものになってしまうでしょう。
そのためには「面白い」「楽しい」「興味を引く」等の要素は必要不可欠ですね。

沼田先生の実践は、工夫のある授業をしたい先生方のヒントになると思います。

詳細はこちらをどうぞ。↓
http://hrnabi.com/2015/07/01/8634/


ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

道徳と教科指導の違いとは。。。

2014/07/27 Sun

前回の『道徳の授業ってなあに。。。』の続きです。
道徳は本当に教科化すべきなのでしょうか?

まずは、前回紹介した校長先生の資料をお読みください。

*  *  *  

<道徳と教科指導の違い ‏>

教科指導では、殆どの場合「指導=即修得」をねらいとしている。

例えば、算数の場合で説明する。
1年生の授業で繰り上がりのある足し算の指導をした場合、
その時間の最後にはどの児童にも
繰り上がりのある足し算の計算方法が
身についていないと困るのである。

算数という教科の特性を考えると、
前時で学習したことが、次時の学習のベースとなってくるからである。
よって、「指導=即修得」でなければ、
教科としての算数は成り立たなくなる。

しかし、道徳の授業の場合は、教科とは大きく異なる。

第一の大きな違いは、
道徳には教科書がない。また、教材もないのである。
このことは、「道徳」の授業は、
教えることをねらいとする授業ではないということを意味している。

第二に、「道徳」の授業は
心の内面に働きかけるものであるということである。

教科指導では学習したことが
すぐに何らかの形で外に現れることを期待している。
いわば外面性の指導である。

しかし、道徳は心の内面の道徳性の補充、深化、統合をねらっているので、
その指導効果はすぐに現れなくても差し支えない。
資料を通して登場人物に共感されたり、批判させたり、感動させたりして、
児童の心が少しでも動けばいいのである。
心が少しでも働けばそれでよい。
そして5年後、10年後、あるいは20年後に
じわりじわりとその効果がにじみでてくればいいのである。
薬に例えて言うならば、
速効性はないが、続けて服用すれば
少しずつ効果のあらわれてくる漢方薬のようなものであろう。

*  *  *  

いかがでしたか?

道徳と教科の大きな違いが分かると、
本当に道徳は教科になり得るのだろうかと思ってしまいますよね。

国も、完全に教科にはできないと分かっています。
だから、『特別の教科』と位置づけたのでしょう。
でも、教科書を作り、評価もさせようとしています。
生活科の時もそうでしたが、
教科書ができると、日本全国一律の授業に成り兼ねません。
それでいいのでしょうか?

もう過去の話になりますが、
現役時代の私は、道徳の特性を意識し、
そのクラスの子どもたちの実態に合った
読み物資料や新聞記事、作文や日記等を見つけ、
教材研究をした上で週1回の授業をしてきました。

(全国大会をした学校では道徳資料室を作り、
そこに、先生方が作った教材グッズなどは、
1時間分を1袋に入れ、ひと目で分かるように保管し、
共有財産として使用していました。)

通知表に評価はありませんでしたが、
毎時間、学習したことについて書かせたものには
目を通してコメントを書き、
ファイルにして学期毎に家に持って帰らせました。
保護者の方は、それを読めば、
自分の子どもが、どんな内容を学習し、
その時、どんなことを思ったり考えてたりしたのかが、
分かるようになっていました。

道徳は週1時間、年間35時間です。
小学校6年間で210時間、中学校3年間で105時間、
義務教育全部では315時間となり、
意図的計画的に行えば、かなり学習できることになります。

今ご活躍の日本中の先生方には、
「道徳の授業とは何か」「道徳と教科指導の違い」を
今一度、頭の中で整理し、
目の前にいる子どもたちにとって
よりよい道徳の授業をしていただきたい
と願ってやみません。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

道徳の授業ってなあに。。。

2014/07/24 Thu

今回もツイッターがらみのお話です。

数日前、次のようなツイートを見つけました。

先日、小1の娘が
「嫌な授業がある」と浮かない顔していたので
算数か体育か?と思って聞くと「道徳」だった。
何故かというと
「先生が思っている正解を言わないと
そんなことを聞いてませんって言われるから」だって。
これが今の道徳教育の現実。

これを読んで、現役時代のことを思い出しました。
全ての先生がこうではないと思いますが、
確かに教科・道徳・特別活動について、
その特性が分かっていない先生がいたものです。

ある年(27年前かな)、
私の勤務校では、道徳教育の全国大会を受けることになりました。
スタートのあたって、当時の校長は、全教員に対し、
「道徳とは何か」「道徳と教科指導との違い」を詳しく説明されました。
このことが共通理解されていないと、
せっかく研究を行っても意味がなくなってしまうと思ったからでしょう。
若かった私には、とても勉強になりました。

当時の配布された資料が残っていたので、ここに紹介したいと思います。

*   *   *

<道徳の授業とは何か>
 道徳の授業は、
児童の内面性をより望ましいものへと高めて行くために行われる。
すなわち、善を志向し悪を憎み、美を愛する道徳的な心情を養ったり、
物事の善悪を判断する道徳的判断力を培ったり、
道徳的に振る舞おうとする意欲や態度を高めていくことである。
従ってそれは、外から児童の行動や態度を規制していこうとするのではなく、
児童の内面性に直接変化・変容をもたらそうとする指導でなければならない。
意図的計画的に指導を積み重ね、
教師と児童、児童相互が互いの意見や考えを出し合って、
より値打ちのある生き方が何かを主体的・自覚的に学びとっていく学習、
それが道徳の授業である。
そのため、道徳の授業を行ったら
すぐに道徳的実践ができなければならないと短絡的に考える必要はない。
 
 肥沃な土地に種を植え、
水をやり肥料を与えて世話をしていけば、
それはやがて花開き結実する。
種を植えてすぐに実がなるわけではないが、
時間が経てば着実に成長し、結実することは間違いない。
だから、種の中には
将来の成果が潜在的に内包されているといってもよいだろう。
道徳の授業はいわば、道徳的実践力の種である。
そしてまた、水であり肥料である。
児童は、様々な生き方や考え方にふれ、
よりよい人生、より人間らしい生き方を考え始める。
それが、やがて道徳的実践力へと高まっていくのである。
従って、道徳の授業そのものが一面では成果を含んでいるといえよう。
つまり、児童の内面的な成長の場、それが道徳の授業である。
 
 私は教師として、
児童の内面性に強く訴えかける道徳授業を行いたいと思う。

*   *   *

いかがでしたか。

校長の説明を聞いた後、
当時の学校では、この考え方に基づいて、
全教員が道徳の授業に取り組んでいきました。

先のツイッターの1年生のお嬢さんも、
このように考えられらた授業を受けていれば、
「先生が思っている正解を言わないと
そんなことを聞いてませんって言われるから」
という理由で、道徳の授業が嫌いとはならないのになあ…
と残念な気持ちになります。

今後、道徳は「特別の教科」という位置づけになるようですが、
「教科」の特性を考えると、
私には、本当にそうしていいものだろうかという疑問が残ります。
学者の方の中には、
だから「特別の教科」としているでしょ…
と仰っていますが、
教科書、評価のことを考えると、今ひとつ理解できずにいます。

当時の校長が示した「道徳と教科指導の違い」については、
近いうちに書きたいと思います。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

先生のその一言 影響大です!

2014/04/09 Wed

待ちに待った入学式が終わり、
どの学校にも、可愛い1年生が入学してきましたね。

朝の登校時、
上級生に手を引かれて登校する初々しい1年生をみると、
「今日も学校でいっぱい楽しんできてね。」
と、声を掛けたくなってしまいます。

保育園や幼稚園とは、広さも人数も全く違う学校。
学校にいく前は、夢と希望に大きくふくらんでいた胸も、
実際に行ってみて、いろいろ圧倒されると、
心配事の方が増えてしまうかもしれませんね。

でも、そんな時、
先生や上級生に優しい言葉をかけてもらうと、
ほっとするものです。今は、
「学校って怖くないんだよ。安心して勉強したり遊んだりしてね。」
って、教えてあげる時期ですものね。

ところが、今日、ツイッターを見ていたら、
そうでもない学校があることを知りました。
それも先生の言葉で…。

私は、最初、
「えっ、本当に?」
と、思ってしまいました。

ある方のツイッターでのつぶやき(↓)です。

孫が1年生に入学した。
教師の心配な言葉
「ピアノが弾けても音符が読めなければ音楽はダメなんです」
「習っていない漢字は書いてはいけません」
「教科書の先の方を読んではいけません」
「とにかく先生の言うことを聞きなさい。聞けない子はダメな子です」などなど

などなど…ということは、本当はもっとあるのでしょう。

学校は子どもたちが成長するためにある施設です。
主役は子どもたちです。
悲しいですが、この言葉では、それが望めそうにありません。

子どもたちにとって、先生の言葉は重要です。

その一言で、
元気が出たり、頑張ろうとしたり、
楽しくなったりすればいいですが、
悲しくなったり、やる気が失せたり、
学校が嫌になったりしては大変です。

大人は、子どもたちにその一言を言う前に、
一瞬立ち止まって、
吟味するぐらいの余裕があるといいですね。

私も、学校ではありませんが、
孫たちと話をする時には、気をつけようと思います。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも販売
・Amazon Kindle ストア
http://www.amazon.co.jp/kindlestore
・楽天Kobo電子書籍ストア
http://books.rakuten.co.jp/e-book/

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。