若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その5>―

2017/11/19 Sun

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「有田先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-108.html

今回は「俵原正仁先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1963年生まれ。
1985年兵庫教育大学を卒業後、兵庫県の小学校教諭として勤務。
「笑顔の教師が笑顔の子どもを育てる」という「笑育」なるコンセプトによる実践は、
朝日新聞、朝日放送「おはよう朝日です」などマスコミにも取り上げられる。

座右の銘は、「GOALはHAPPYENDに決まっている」。
好きなお寿司はコーン。

代表的な著作
「なぜかクラスがうまくいく教師のちょっとした習慣」(学陽書房)
「授業の演出ミニアラカルト」(小学館)
「子どもとつながるノート指導の極意」(明治図書)など。

それでは、どうぞ。

* * * * *

「子どもが活動しているときに評価し、子どもと繋がる」

子どもたちが活動しているその場で
評価したことを直ぐに子どもたちに伝えていく。
教師の感じたことや思いを子どもたちに返していく。

このライブ感が、教師と子どもたちの距離感を縮めてくれる。
やり方は至ってシンプル
「瞬時に判断して声をかける。または赤ペンを入れる」これだけ。
机間巡視の際の教師のつぶやきが評価なのです。

最初のうちは、
子どもたちがノートに書いている内容を
「瞬時に判断」して「評価」できないときは、
とりあえず声をかけることを意識すればいいと思います。
声をかけているうちに、教師のつぶやきのレベルも上がっていくはずです。

教師のつぶやき<レベル1> 子どもの態度をほめる
「ノートをきちんと開いている。えらい」
「姿勢がいいなぁ」「(取りかかりが)早い」

教師のつぶやき<レベル2> 書いている量をほめる
「さっきより、たくさん書けています」「へぇ、もう3行書けたの」
このような声をかけられると、書くことのモチベーションが上がります。
そして「量は質」に変換します。

教師のつぶやき<レベル3> 書いている内容(質)をほめる
ほめると同時に、他の子どもたちに書くための視点を教えるといった意味がある。
「友だちの意見も書いているんだ」「資料集を見て書いているのがいいね」
 
子どもたちのノートをチェックする方法として、
机間巡視をして子どもたちの横を通り過ぎるときに、
サッとノートに赤ペンでまるを入れる。声かけとあわせてうまく使う。
 
そのほかにノートをチェックする方法として、
ノートを教師のところに持ってこさせる方法があります。
このとき、長い行列をつくらないことが大切です。

算数の場合、
「見るのは1問だけ」
「ヒントや指導などの声かけはせず、黙って○か×をつける」等
をしていけば、行列はできない。
 
教師に見てもらったというチェックの意味もかねて、
必ず全員のノートに赤ペンで何かを書くようにしています。
じっくりと書く時間がありませんので、ほとんどの場合は花丸のみです。
それでも、子どもたちはノートを見てもらい、満足して帰って行く。

* * * * *

いかがでしたか?

子どもたちと繋がる方法はいろいろあると思います。
その中の1つとして使えると思ったら実践してみるといいですね。

それぞれの学級には、そのクラスの実態があります。
他の人の実践を真似るときは、そのまま真似るのではなく、
自分のクラスに合ったものに変えて実践するといいですね。

授業のやり方、学級経営など、何でもそうですが、
人と同じようにただ真似をしても、成果が出るというものではありません。
先生が一度その内容を頭の中で理解、あるいは整理してから
自分のクラスに合った方法に変えなければならないのです。

そうそう、「自分流」を生み出すことが大事なのです。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その4>―

2017/11/13 Mon

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「桶谷 守先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-105.html

今回は「有田和正先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1935年福岡県生まれ。玉川大学文学部教育学科卒業。
福岡県の公立校、福岡教育大学附属小倉小学校、
筑波大学附属小学校を経て、愛知教育大学教授を務める。
1999年の愛知教育大学退官後も日本の教育に携わる。
教材・授業開発研究所代表、東北福祉大学子ども科学部特任教授。

近著に『教え上手』(サンマーク出版)
『授業の技を磨く 研修の在り方を問う』
『時代を顕す名言クイズ─知らないと恥ずかしい歴史に残った27選』
『あなたの歴史授業が激変する“有田式板書”─トレース出来る91時間+まとめテスト』(明治図書)など。
2014年没。

それでは、どうぞ。

*  *  *  *  *

「厳しさに欠けると優しさが生きない」 

今の教師は、やたらと優しいか、甘いか、あるいは厳しいかのどちらかである。
厳しい教師がものすごく少ない。行儀が悪くても注意さえできない教師がいる。

これに対して、優れた授業をする教師たちは基本的に優しい。
優しさがにじみでている。
しかし、子どもの度がすぎた行為や言葉遣いには、厳しく注意している。
注意された子どもたちは納得している。
学級経営がうまく、子どもが教師を心から信頼しているからである。

学級経営をうまくやるには、教師は子どもに合わせなくてはならない。
合わせながら、ゆっくり教師のペースにもっていくことが大切だ。
急いでよいクラスをつくろうとして、
オレについてこいとやると、ヒビが入りやすい。
今の子どもには、この方式はむかない。

むしろ後ろからついていく、くらいの考えで、
子どもに合わせながら、水のみ場へゆっくりつれていくことだ。
多くの教師は急いで失敗している。
子どもと教師の間がピッタリといくようおおらかな対応を心掛けることだ。

この優しさと、時に厳しさがうまくミックスして、
子どもたちは人間的に成長していく。
甘えすぎない子ども、自立した子どもが育っていく。

多くの教師に望みたいことは、
どんな時に厳しくあたるべきかを考えてほしいということである。
厳しさに欠けていると、せっかくの優しさが生きないのである。

*  *  *  *  *

いかがでしたか?

教師とはどうあるべきかを、
有田先生は、長年の経験から大事なポイントを
話してくださっています。

「厳しさ」と「優しさ」の関係を
改めて考え直してみるといいですね。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その3>―

2017/11/05 Sun

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

今まで、
「遠山啓先生」 http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-91.html
「東井(とうい)義雄先生」 http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-98.html
の言葉を紹介しました。

今回は「桶谷 守先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
京都市の中学校教諭を経て、同市教育相談総合センター所長などを歴任。
2011年の「大津いじめ事件」では、
京都教育大教授として、大津市の第三者調査委の委員を務める。
大津市教育委員を経て、14年10月に教育委員長に就任。

それでは、どうぞ。

*  *  *  *  *

「なめられる教師となめられない教師とはどこが違うか」  

教師は子どもになめられたら、
指導が入らないし、
授業も好き勝手な子どもの言動が横行し、崩壊状態になる
という話をよく聞く。
 
学生に「なめられる教師は?」と聞くと、

(1) 指導力がない。
(2) 毅然とした態度で叱らない。
(3) 叱ったとしてもあまり怒っている感じがしない。
(4) 説得力がない。
(5) 悪いことをしてもあまり叱らない。
(6) 自分本位で授業を進める。
(7) 間違いを指摘されても自分の非をなかなか認めない。
(8) シャイでオドオドしている。
(9) 威厳がない。
(10) 堂々と発言できない。
(11) 子どもに優しくしすぎる。
 
つまり、
「なめられる教師は、信頼されない教師」と考えた方がいいと思う。

よくあることだが、
子どもから嫌われることを恐れて、子どもに迎合し、
かえって信頼を失うことがある。
 
学生に「信頼できる教師は?」と聞くと、

(1) 問題が起きた時、頭から否定せず言い分を聞いてくれる。
(2) 自分(子ども)が悪い時には厳しく叱ってくれる。
(3) 相談した時、親身に熱心に真剣に話を聞いてくれる。
(4) わかりやすい授業をしてくれる。
(5) 落ちこぼれや、やんちゃな子どもも切り捨てず公平に扱ってくれる。
(6) 権力を振りかざさず知ったかぶりをしない。
(7) 子どもと共に、泣いたり笑ったりできる人間性が豊かである。
 
子どもは
教師が自分たちのことを本気で考えてくれているかは、すぐに見ぬく。
だから、
子どもから良く見られたいと思ってやさしくしている教師や、
子どもたちに対する恐怖の裏返しとして厳しく振る舞っている教師も、
ともに支持されることはないのだ。

子どもたちから信頼され人間関係をよくするために心がけたいことは、

(1) 朝は早めに教室に行き、笑顔で子どもを迎える。
(2) 朝の会や帰りの会、給食や休み時間に、子どもたちと話し遊ぶことを大切にする。
(3) 掃除は必ず子どもたちと一緒にする。 等

*  *  *  *  *

いかがでしたか?
気になることはありましたか?

教師の生活は、
毎日、目の前にやらねばならないことが山積みなので、
このようなことはあまり考えずに過ごしているものです。
でも、時々
「自分はどうかな?」
とチェックすることも必要です。

是非、自分のチェック項目として使ってみてくださいね。
  


ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

若い先生方へ ―子どもたちの名前を早く覚えよう―

2016/04/01 Fri

桜をはじめ、様々な花が咲き、
街全体がきれいに彩られる季節になりましたね。

今日から新年度が始まりました。
子どもたちを迎える始業式や入学式も目前です。
準備は進んでいますか?

年中忙しい教師生活ですが、
特に4月はスタート時期なので、やることが多く大変かと思います。
目が回らないように気を付けてくださいね。


さて、今回は4月初めなので
「子どもたちの名前を早く覚えよう」について書いてみたいと思います。

名前を覚えるのは、教師の大切な仕事です。

まず、子どもたちに出会う前に、
正しい読み方を確認しておきましょう。

私は、子どもの頃、初めての先生に
「姓」を正しく呼ばれたことが殆どありませんでした。
ですから、一度で正しく呼んでくださった先生に出会った時は、
すごく嬉しく思いました。

最近はキラキラネームなど、読み方が難しいものがたくさんあります。
名前はその子にとって大事なものです。
初めて出会った日から、正しく呼べるように、事前の確認は不可欠です。

次に、出会ってからのことです。
新学期が始まったばかりの頃は
全員の顔と名前が分かるはずがありません。
それでも、
「前から4番めの黄色いTシャツを着ている男の子」
などという言い方をされたら、子どもだって嬉しいはずはありません。
大切なコミュニケーションもとりにくくなります。

そこで、1日も早く子どもたちの顔と名前が一致するように、
私が現役時代にしていた方法を1つ紹介します。

それは、「新学期早々の1週間だけ、座席は名簿順」
というものです。

この方法だと、予め座席表を作っておけるので、
どの席に誰が座っているか一目瞭然です。
「前から4番目の……」
などと言わず、
「Aさん」
と、その子の名前を呼べるので、子どもたちもすぐ自分だと分かり、
いろいろな点で事がスムーズに運びます。
また、子どもの方も、
早く自分の名前を覚えてもらえたということで嬉しいものです。
(私自身、子どもの頃そう思いましたから)

気を付けなければならないことは、
視力が悪いのに一番後ろの席になってしまった子や
体の大きな子が前の席にいるため
黒板が見えなくなってしまった子に対する配慮です。
その場合は、部分的に席を替える必要があります。

1週間と区切るのは、
自分に期限を決めて早く覚えるようにするためと、
子どもたちにとって、気が進まない「名簿順座席」から
早く解放してあげるためです。

早く覚えるには、子どもたちの名前を多く呼ぶことです。
授業中はできるだけ全員を指名して名前を言う機会を増やしたり、
休み時間も、子どもたちと過ごし、
「B君は、今、何に夢中なの?」
「C子さんの趣味は何?」
などと、積極的に子どもたちに話しかけたりすることです。

私は、放課後、誰もいない教室で仕事をしている時、
席を見ながら一人一人の顔を思い浮かべ、
そこに座っている子どもの名前を言って、
覚えられたかどうかの確認をしていました。

このようなことを重ねていくうちに、
3日もあれば、自然に名前と顔が一致して、
座席表を見なくても呼べるようになります。

以上が私のやり方です。
ですから、これが絶対というわけではありません。

それぞれの先生が、自分なりの工夫をして、
子どもたちの名前が早く覚えられるといいですね。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その2>―

2016/02/14 Sun

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は、「遠山啓先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-91.html

今回は「東井(とうい)義雄先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1912年(明治45年)~1991年(平成3年)に生きた方です。
兵庫県出身。1932年(昭和7年)に姫路師範学校卒業。
小学校教師として奉職。多くの著作あり。
小・中学校長。ペスタロッチ賞を受賞。
生活の中から問題を解決していく学力を育てた「村を育てる学力」が
大きな反響を呼ぶ。生活綴り方教育の代表的な実践家。
日本の教育者。浄土真宗僧侶。(東光寺住職)

それでは、どうぞ。

*  *  *  *  *

「『この子がいてくれるおかげで』と考えた時から教育は始まる」

私は、教師になってからもなかなか子どもを「かわいい」と思えませんでした。
「かわいい」と「憎い」のどちらに近いかというと
「憎い」の方に近い、そういう私でした。
一番適切な言葉は何だろうかと考えてみると
「ずい分厄介な奴だ」ということになるような気がしたものです。

子どもが「厄介だ」というのは、子どもたちが生きているからである。
生きているから、こちらの思うようにはなってくれないのであって
「それは大変結構なことである」とわからせてもらったのは、
ずっと後のことでした。
生きているものは、みんな伸びたがっているし、
花をつけたがっているし、実を結びたがっている
と分からせてもらったのは、またその後のことでした。
そして、生きているのではなくどうやら生かされているようだぞ、
と分からせてもらったのは更に後のことでした。

どす黒い、嫌な荷物を
子どもは既にいくつもいくつも背負っているけれども、
それなりに光を求め、潤いを求め、
安らぎを求めずにはおれないように、生かされているようだぞ、
と分からせてもらったのです。

「この子さえいてくれなければ」と考えた子どもを
「この子がいてくれるおかげで」と位置づけた時から教育は始まります。
いくら振り回されても、信じることのできるものは子どもだけです。

生きているものは、光っている。
どの子も子どもは星。
みんなそれぞれが、それぞれの光をいただいてまばたきしている。
子どもという、命の袋の中には、いろんな宝物が入っている。
その宝物は、子ども自身さえ知らずにいる。
それを教師が読み取るものだ。
値打ちというものは、こちらが発見するものだ。
素晴らしいものの中にいても、
意味が読み取れず、値打ちが発見できないなら、
瓦礫の中にいるようなものだ。

子どもから学ぼう。子どもの感動に学ぼう。
子どもの胸の中の「ドキドキ」をキャッチする心をもとう。
子どもがしていることで、子どもはものを言っている。
私たちは「言葉」に頼り過ぎていないか。
子どもが「体でものを言う」「生き方でものを言う」というのが、
本当の「言葉」であろう。

Aちゃんは、ものは言わない。
しかし、その動作の一つ一つは美しい言葉だ。

暴力も、あれは子どもの言葉だ。
大人の目からみると、困ったことばかりしている子どもでも、
なぜそういうことをせずにおれないか、というその訳を伝えたがっているのだ。
「非行少年」というのは、
本当にわかってくれる人に巡り合えないで迷っている「不幸少年」と言える。

人間にくずはない。人生に無駄はない。
子どもは抵抗をほしがっている。
反抗してみて、子どもは大きさに目覚める。
子どもの中でも、早く引き抜いてしまわなければいけない「雑草」の方が、
私たちが育てようとしている「作物」よりも、相当、力が旺盛だ。

子どもを大切にするということは、
子どものわがままや衝動をのさばらせることではありません。
本来の生き生きしたものを客観的にあるものにしてやること。
個の尊厳を守るということと、「エゴイズム」を許容することとは違う。

教育という仕事は、
子どもを自分の脚で歩けるようにしてやることだ。
人間の頭の善し悪しの違いや、体力の違いなどよりも
「志」のあるなしが基本である。
「僕の十年先を見ていてください。」ということにならないと、
人間は本当の人間になれない。

志が確立してはじめて、体力も能力もその本来の光を放ち始める。
志が曖昧なものである間は、その人間に転換を与えるものにはならない。

志を立てるということは、生活現実に密着した決断である。
それは、生き方、何を目指してどのように生きるかという
「現実との取り組み方」が問題となる。
志を立てるのに大きな教育力になるのは、
親や教師の現実への取り組み方、生き方である。

*  *  *  *  *

いかがでしたか?

一つでも心に感じるものがあったら、
それを、日々の教育の中に取り入れてみるといいですね。

子どもの教育は、
学校の先生だけがするものではないので、
こういう内容は、
子どもに触れ合う多くの方に読んでいただけたらいいですね。

私も一人の祖母として
生き方、何を目指してどのように生きるか
について考えるよい時間がもてました。


ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード