FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その17>―

2018/02/22 Thu

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「中村 諭先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-132.html 

今回は「金森俊朗先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1946年 生まれ。石川県七尾市(旧中島町)出身。
日本の教育者。北陸学院大学人間総合学部教授。
金沢大学教育学部卒。元小学校教諭。
1980年代より人と自然の繋がりを模索しながら様々な実践教育に取り組む。
1989年に妊婦を招いて行った性の授業を皮切りに本格的に命の授業を開始。
1990年には末期癌患者を招いた「デスエデュケーション」を行う。

その教育思想と実践は、
教育界のみならず医療・福祉関係者からも大きな注目を集め、
「情操教育の最高峰」と高い評価を受けている。
NHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス 四年一組 命の授業」で
金森学級が取り上げられ、大きな反響を呼んだ。

同番組は、2003年日本賞グランプリ、
2004年バンフテレビ祭「グローバルテレビジョン・グランドプライズ」を受賞。

それでは、どうぞ。

* * * * *

「教師の指導力を大きく左右するのは人間性と社会性」

現代の教師は、その人間性と社会性が弱い。
豊かで鋭い人間性と社会性を土台にして、はじめて専門的力量が発揮される。

子どもにとって心を開きやすい教師は、
現実の社会と多様な接点を持ち、その中で生きている教師。
教師が学校にベッタリいることがよい教師にすることはない。

なぜならば、
いろんな場や社会的な活動に関わらない限り世の中が見えないからだ。
いろんな働く人たちと接点がなければ親たちのことがわからない。
親の労働や社会の動きを教師が知らなければ、
子どもたちの言っていることの重さは理解できない。

何人かの親が「本当に金森学級でよかった」と言う背景には、
子どもたちの言っていることの重さを自分がしっかりと受け止めていた、
ということがある。

子どもの立場から言えば、
1年間を共に過ごす担任によい感情を持つことができなければ、
学校に行くのが苦痛になる。
とりわけ小学校の場合、担任と四六時中見て過ごすことになる。
1年間、身近に過ごす担任に嫌悪を抱けば、
日を重ねるごとに嫌悪感が増大していく。

私は教師仲間に芝居を観るのを勧める。
芝居はしゃべり方や表情ひとつに注意をはらって、
出演者がかかりきりで練習し、ひとつの舞台をつくりあげる。
ところが教師というのは、しゃべり方や表情ひとつ練習したことがない。
表情の乏しい教師を子どもは好きにはなれない。

* * * * *

いかがでしたか?

教師である前に
人として見聞を広めることは大事ですね。

自分を磨くには、井の中の蛙ではうまくいきません。
学校以外の場所には新たな出会いがあり沢山の学びがあります。
そして、それらが栄養となり自分を成長させてくれます。
と同時に、教師としての力も高まっていきます。

百聞は一見に如かずです。外に出ましょう。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その16>―

2018/01/21 Sun

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「大前 忍先生」の言葉を紹介しました。 
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-130.html

今回は「中村 諭先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1948年(昭和23年)兵庫県生まれ
兵庫県立豊岡高等学校卒業 京都教育大学第一社会学科卒業 
1981年学級通信「メリーポピンズ」を発行し、以後学級指導に熱中。
一方で、カウンセリングに関心を持ち、
特に「不登校指導」研究として、西宮市立教育研究所研究員として活動。
1986年『心をのぞいて』(第一法規)を刊行。
1991年兵庫県教育委員会指導主事に採用され、
阪神教育事務所指導主事兼阪同教事務局長として活動。
1993年阪神教育事務所学校教育課指導主事として勤務。
1997年4月宝塚市立安倉中学校に新任校長として着任。
1999年12月、TBSドラマ金八先生第10話に
『新米校長奮戦記』がシナリオ一部として採用・放映される。
1999年(平成11年)度 第48回読売教育賞『児童生徒指導部門』優秀賞受賞。

<著書>
『新米校長奮闘記』 文芸社 (1999年)
『どっこい!学校は生きている―子どもたちの証明』文芸社 (2000年)
『学校崩壊?それがどうした』三想社 (2002年)
『心をのぞいて―教育現場からのメッセージ』高木書房:改訂版 (2003年)

それでは、どうぞ。

* * * * *

「子どものメッセージが教師の実践に火を点ける」

教育というのは、火を点けることです。
みなさんは、教師が子どもに火を点けることと思っているでしょう。
そうではなく、子どもが教師に実践の火を点けることなのです。

子どもたちからのメッセージを本当に教師が受けとめ、
教師が
「これまでの自分たちの実践を見直す」という実践の火を点ける
というのが私の持論であります。
 
私の尊敬する山口良治先生(伏見工業高校ラグビー部総監督)も仰っている
「子どもたちの問題行動は愛を求めるシグナルだ」、
このとおりですね。

私はこれをたくさんの事例で見てまいりました。
ある事例を話してみましょう。
 
ある不登校の子どもを母親がなんとか登校させたいと、
子どもが欲しいと要求したものをみんな買ってやった。
「マンション買ってくれたら、学校へ行く」
と子どもが言ったときも、何と本当に親がマンションを買ったのです。
それでも、また学校に来なくなりました。
それで、親ともめた時、子どもがマッチに火をつけて、
親に
「おれの言うことを聞かなんだら、家に火を点けてやる」
「こんな育て方しやがって!」
と、子どもが言った。
母親はそこで本気になった。その母親は素晴らしかった。
「あんたは私が腹を痛めて生んだ子や!
あんたと死ねるなら本望や!
さあ、さっさと火を点けなさい!」
と母親が叫んだ。
子どもは手をぶるぶる震わせながら、初めて本当の親の愛を知った。
そして、火を消して、ワァと泣き出した。
それから三日後、子どもは学校に来だした。
 
このようにね、子どもがどう進んでいいか分からない、
曖昧模糊としているところに、バチッと切り込んでやったりすると、
パッと方向性が見えてくる。ここで子どもの姿勢が変わるんです。
 
親の姿勢というものは、ものすごく大事です。
教師も一緒なのです。
我々大人が本気を出したらどれくらい子どもが変わるか。
大人が子どもたちに全力を懸けていった時、こちらを向くのです。
私は絶対いけると確信しています。

* * * * *

いかがでしたか?

子どもたちからのメッセージどう受け取るか。
大人が本気を出したら、どれくらい子どもが変わるか。
中村先生が紹介してくださった事例には、
心に、ぐっと来るものがありましたね。

中村先生の
「大人が子どもたちに全力を懸けていった時、こちらを向くのです。
私は絶対いけると確信しています」
という言葉が、いつまでも心に強く響きました。

多くの大人がこのことに気付けたらいいのになあ。。。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その15>―

2018/01/16 Tue

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「佐久間勝彦先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-127.html

今回は「大前 忍先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1949年、群馬県榛名町に生まれる。
1973年、群馬大学卒業後、群馬県公立中学校に赴任。
その年から「群馬作文の会」に学び、
それ以降、子どもの“生きる力”と“感性”を育てる児童詩教育に惹かれ、一貫して取り組む。
毎年夏に開かれる日本作文教育研究大会では、提案者・講師として自らの実践を発表してきた。
群馬作文の会常任委員・日本作文の会委員・群馬県藤岡市の公立小学校に勤務していた。

<著書>
教師を生きる (本の泉社 2006年)
児童詩のすすめ (本の泉社 2006年)

それでは、どうぞ。

* * * * *

「子どもと教育を語る教師の輪」

ほとんどの学校は、
日々の仕事に忙殺され教師の間で話し合う余裕がなくなりつつあります。

私が教師になった頃は、
授業や子どもについて熱く語る教師がたくさんいて、
その中で教師は創造的でなければならないと教えられました。
今は、職員室で子どものことを話す明るい声がきえて、
パソコンに向かうようになっています。

心身共に疲れるが、私は、子どもの心の声を受けとめながら、
教師として自分を貫き通したいと思っています。

私は教師になってから
ずっと子どもたちに作文や詩を書かせてきました。
子どもの言おうとすることが伝わってくるのです。
子どもの息づかいが感じられてくるのです。
そのことを何よりも大切にしてきました。

子どもの事実を何よりも大事にし、共感し、
ともに笑い泣き怒る教師は乗り越えていけます。

楽しく子どもと教育を語る教師の輪をつくり
「がんばりすぎない」「一人で悩まない」「明日のことまで心配しない」
と手を取り合って、
自分らしく、したたかに、なるようになる
と生きていこうではありませんか。

* * * * *

いかがでしたか?

教育の対象は生きている子どもたちです。
それも一人一人違う子どもたちです。

大前先生は、
一人一人の子どもたちに作文や詩を書かせることで、
その子の気持ちや言いたいことを知る努力をしてきました。

同じやり方でなくてもいいのです。
自分のやり方で一人一人の子どもたちを知る努力をしていくと、
見えなかったものが見えてくるものです。

そして、教育に行き詰ったり困ったことが出てきたりしたら、
語り合える仲間や先輩に相談することです。
あなたには
「子どもと教育を語る教師の輪」がありますか?



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その14>―

2018/01/10 Wed

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「濤川 (なみかわ) 栄太先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-125.html

今回は「佐久間勝彦先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1944年生まれ 千葉県出身
早稲田大学第一政治経済学部卒 同大学大学院修士課程(教育学専攻)修了
神奈川県川崎市公立中学校教師 千葉経済附属高校長を経て千葉経済短期大学長 
学校法人千葉経済学園理事長 千葉経済大学学長 
千葉経済大学短期大学部学長 同短大こども学科名誉教授
専門は社会科教育。

<著書>
『社会科の授業をつくる・社会に目を開く教材の発掘』1985年(明治図書出版)
『地域教材で社会科授業をつくる』1987年(明治図書出版)
『教材発掘フィールド・ワーク』1989年(日本書籍新社)
『社会科なぞとき・ゆざぶり5つの授業・授業の世界を楽しむ』1992年(学事出版)
『教師の感性をみがくすてきな実践者たちとの出あい』1996年(教育出版)
『学級崩壊を超える授業子どもの熱い期待にこたえる』1999年(教育出版)
『フィールドワークでひろがる総合学習』2003年(一茎書房)

それでは、どうぞ。

* * * * *

「学級崩壊は授業の在り方と関係している」
 
学級崩壊の報告を聞くたびに、
私には授業のことが触れられていないと思えてならない。

テレビで
学級崩壊現象に当面している教師の
授業の一場面が放映されたのを見て、
子どもが荒れるのはいたしかたないと感じた。
その教師には、子どもを集中させる術がないし、
彼の授業からは
このことをどうしても教えたい考えさせたい
という意気込みが感じ取れない。

緊張感のない「授業ごっこ」のようなものに、
子どもたちは閉口している。
子どもたちが入れ代わりトイレに行くのは、
そんな授業などには魅力を感じませんという、
教師に向けての子どものメッセージにほかならなかった。
 
河上亮一氏は
「教師たちは、授業をやるときに、
生徒に興味をもってもらいたいと動機づけをし、やり方を工夫し、
生徒の現実生活とのかかわりを考えてやろうとしている。
教師だって『面白くない』授業は嫌だし、
うまくいかなくて授業が騒然となるのも困るからである。
教師が努力をしてないと考えているのなら、
それはちがうと言わざるをえない」
と述べられていることは、間違いないであろう。

授業をおろそかにする教師がいるはずがない。

しかし、問題は、その努力の向けられる方向。
方向が適切でない場合には努力も実を結ばない。
研究のあり方については、謙虚に省みる姿勢をもたねばならない。
授業以外に問題の原因を求めていくといった処し方を教師がしていては、
学級崩壊という問題は決して切り開かれないだろう。
 
知識伝達・丸暗記型の平板な授業がこのまま続く限り、
また、支援と共感を強調し、
学習の質を問わない「活動重視の授業」が続けられていく限り、
子どもはいつか授業に愛想をつかし、
学校を見限っていくことになろう。
 
子どもや家庭に様々な問題があっても、
子どもたちに知的充足感を味わわせ、
充実した学校生活を送らせている教師はたくさんいる。

そういう教師から、授業のあり方について熱心に学びとり、
授業者としての力量を高める努力をしていくならば、
子どもは少しずつ授業の世界に身をまかせ、
授業の中で、心地よい時間を感じるようになるにちがいないからである。
 
つまり、問題は教師のいだく授業観である。
それが変わらない限り、
今の事態がよい方向に変化を遂げることは期待できない。
自分の授業の問題点を克服していこうとする真摯な姿勢が
欠かせないのである。

* * * * *

いかがでしたか?

子どもたちの興味を引き、
ワクワクして夢中になるような授業を行えば、
勝手におしゃべりをしたり、
立ち歩いたりするはずがないですものね。

面白くないから、
違うことをしたり、遊びたくなったりしてしまうのです。

やはり、「教師は授業で勝負!」です。

児童の実態把握、教材研究、教材作り等に時間を使って、
子どもたちにとって楽しく学べて分かる授業を
目指しましょう。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その13>―

2018/01/07 Sun

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「魚住絹代先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-123.html

今回は「濤川 (なみかわ) 栄太先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1943年(昭和18年)~2009年(平成21年)に生きた方です。
東京都出身 1966年3月、立教大学経済学部経済学科卒業。
いすゞ自動車に入社したが、教師への夢を捨てきれず同大学文学部教育学科に再入学、
1968年3月卒業。 同年4月、横浜市小学校教員に。
横浜市立豊田小学校教諭や南舞岡小学校教諭、同市教育センター研究員など務めた。
20年間の小学校教師を経て、ニッポン放送「テレホン人生相談」回答者。
40年間務めた教育相談では、悩める子どもたちに体当たりで励まし立ち直らせた。
日本の教育評論家、「新・松下村塾」塾長(2007年濤川平成塾に改称)、日本教育文化研究会代表、
日本と世界の子どもたちを救う会代表、「輝け日本!」会長などを死去まで務めた。
国家戦略研究会議創立者、元新しい歴史教科書をつくる会副会長

<著書>
『今、親は子に何を語るべきか』 (みずうみ書房 1982年。新書版はごま書房 1983年)
『お父さん、お母さん、聞いてください』 (みずうみ書房 1983年)
『子どもは爆発的に伸びる』 (教育社 1985年)
『抱きしめる教育』 (サンマーク出版 2002年)
『子どもよ死ぬな!』 (ポプラ社 2007年)
『子どもは「抱きしめて」育てなさい』 (中経出版 2007年)
『病気は必ず治る!』 (ヒューマンアソシエイツ 2007年)
他・著書共著多数

それでは、どうぞ。

* * * * *

「自分を癒すこと」

私は朝晩、短時間ながら、
自分のあり方をふり返る時間を持つようにしている。

夜は入浴しながら、
「今日はああすればよかったな」「これはまずかったな」
という反省と、
「今日も頑張った」「このやり方はよかったぞ」
という自己肯定を欠かさない。

自分で自分をほめるのは、
ある程度のうぬぼれと自己陶酔がないとやりにくい。
これができるようになれば、
心から自分を好きになれるし、
自分を客観的に評価できるようになる。

「自分を癒すこと」は必須の行為である。
幸せな人は、周りも幸せにできるものだ。

* * * * *

いかがでしたか?

仕事は、誰かにほめられるためにしている訳ではありませんが、
少しでも達成感を味わえたらいいですよね。

今日1日を振り返り、いろいろと反省する中で、
「あの時間のあの場面はうまくいったなあ。
子どもたちが真剣になっていたなあ。
そして、できた喜びから子どもたちみんなが笑顔になっていたっけ」
なんて思い出せたら、自然と
「明日もがんばるぞ!」
と思えるようになる気がします。

教師は、毎日子どもたちの前に立つ仕事です。
心身共に元気な自分になりましょう。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。