スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てママサロン <no.3> ―子どもの好きなこと―‏

2010/06/26 Sat

子育てママサロンだよりです。
今回は、“子どもの好きなこと”について書いてみたいと思います。

子どもは、自分の“好きなこと”をしている時、とても充実して幸せそうです。
ですから、子どもは、“好きなこと”をしたがり、それを優先します。

外遊びが好きな子は、学校から帰ったらすぐ外へ飛び出していきますし、
逆に、家の中で遊ぶのが好きな子は、
「少しは外に行って遊んだら?」
と、声をかけても、たいてい家にいて自分の好きなことをして過ごすでしょう。
たとえ、親が無理矢理外に行かせても、嫌々だからすぐ帰ってくると思います。
そんなものです。

また、“好きなこと”は、その子が夢中になれるので、
つい時間を忘れてそのことに集中し、いつまでもやっていることが多いです。
大人でもそうですよね。

あるママから、こんな心配事を聞きました。
「うちの子は、絵を描くことが好きで、いつも何かしら描いているんです。
夕食の時間になってもずっと描いていて、声をかけてもなかなかやめようとしません。
机に向かってもっと勉強をして欲しいのですが、絵ばかり描いています。
何とかならないものでしょうか?絵ばかり描いているので勉強が心配です。」

親なら、ほとんどの方はそう思うでしょう。その気持ちもよく分かります。
でも、ちょっと考え方を変えてみてはいかがでしょう。

“好きなこと”は、その子にとって、少なくとも、
意欲を高めるものであり、集中力を高めるものであり、創意工夫を自然にさせるものであり、
やり終えた時の達成感を味わえるものなのです。(まだよい点は他にもありそうですが・・・。)
そんな夢中になれるものをもっているなんて、素敵なことだとは思いませんか?

先程のママのお子さんと初めて会って、個人的に勉強をみた時のことです。
絵が上手でびっくりしました。それも何かの真似をするのではなく、
自分なりに表現して描いていくので、とても感心しました。
それに、その子が描く絵は、とても可愛らしいのです。
見ていて私が癒されました。

ある時(当時2年生)、自分から
「今年のカレンダーを作りたい。」
と、いい出しました。
白い紙を12等分し、12ヶ月分の絵とカレンダーの数字を入れたいというのです。
世界にひとつしかない『オリジナルカレンダー』です。

最初、自分で『ものさし』を使って、紙の縦の長さを測り、
丁度真ん中になるように1本横線を引きました。
次に横の長さを測り、
「これを6つに分けたいのですが、何cmずつにすればいいですか?」
と、私に聞きました。
まだ割り算を習っていなかったので、私が計算してその長さ(5cm)を教えると、
自分で、その長さを測って印をつけていきました。
そして、5本の縦線を引き、上手に12のスペースに分けました。
その後、絵と数字の部分に分けるため更に2等分し、全体を24のスペースに分けました。
数字を入れるスペースがはっきりすると、
「ここに、横に7つ(日~土)並べられるようにして31までの数字を書けるようにしたいから、
何cmずつに分けたらいいですか?」
と、聞いてきました。7mmずつだったので、それを教えると、最初自分で分け始めましたが、
12ヶ月分もあり、2年生では少々難しいと思ったので、途中から私が手伝ってあげました。

このように、難しいと思われる部分は手伝いましたが、
自分でできるところは、どんどん進んでやりました。
ママによると、算数は、どちらかというと苦手でやりたがらないとのことでしたが、
この日は、絵が入っている『オリジナルカレンダー』を作りたいがために、
自分から、算数で習った「ものさし」で長さを測ったり、計算をしたりしながら、
上手に分けていきました。
必要な時は、算数に限らず習ったことを自然に使ってしまうのです。
これこそ生きた学習です。
テストで百点を取るためではなく、このような生活の場に生かすために、
子どもたちは、いろいろなことを毎日学んでいるのですから・・・。

とにかくやる気いっぱいでした。
正に、「好きこそものの上手なれ!」です。
私は、この芽を大事に育ててあげてほしいと思いました。

ですから、迎えに来たママに、
「絵がとても上手で、それを使って何かを作り出そうとする意欲があり、
とても素晴らしいと思いましたよ。
いいものをもっているので、決してつぶさずに育ててあげてくださいね。」
と、お話ししました。

ママは、初めて自分の子どもの良さに気がついたようでした。
そして、今までは、また遊んでいると思っていた子どもの“絵を描く”という行為を
この子のよいところなんだという“受け入れの目”で見られるように変わっていったのです。

後からお聞きしたところによると・・・

その日、家に帰ってすぐ、ご主人や同居のおじいちゃんにそのことを話し、
みんなで、お子さんの絵(表現活動)を大事にしてあげることにしたそうです。
ですから、上手な絵が描けると、今では、家族みんなで、
「上手だね。」
「こんな風に描けてすごいね。」
と、ほめあっているそうです。
絵を夢中になって描いていても、今までのように、
「また、絵ばっかり描いている!ダメでしょ!」
などど、頭ごなしに叱ることは、全くなくなり、
子どもとの関係も、穏やかなよい関係になっているそうです。

更に最近では・・・

ママ友とランチをしたり、お茶をしたりすると、
「うちの子は、○○ばかりに夢中になって、ちっとも勉強しないで困っているの。」
と、いう話をするママが結構いるそうですが、そんな時、
「好きなことがあるのは、とってもいいことよ。」
と、私が以前このママに話してあげた“好きなことの素晴らしさ”を
自信をもって、みんなに話してあげているそうです。
それを聞いて、
「本当にそうよね。」
と、ママ友のほとんどが、受け入れてくれるそうです。

よい考えが、ママたちに広まっているようで嬉しいですね。

私は、学校の授業で学習していることは、
子どもが大人になり、ひとりで生きていくために必要な力のほんの一部だと思っています。
人が、ひとりの人間として生きていくためには、いろいろな力(総合的な力)が必要です。
今まで書いてきたように、子どもが夢中になれる“好きなこと“は、
やる気をはじめ、いろいろな力を育て、それを発揮させてくれるのです。
そして、一回りも二回りも、その子を大きくしていきます。
ですから、その子の“好きなこと“は、大事に育ててほしいと思っています。
スポンサーサイト

子育てママサロン <no.2> ―比べる―‏

2010/03/29 Mon

子育てママサロンだよりです。
今回は、“比べる”ということについて書いてみたいと思います。

子育てをしていると、
“我が子は、今の状態でよいのだろうか?”という心配が出てきます。
そういう時、つい他のお子さんと比べてしまうことはありませんか?

ママたちのお話の中にもありました。

あるママが、
「保育園(4歳児)に行っているのですが、
同じクラスのお友達が、絵本を上手に読んでいるのを見た時、
うちの子は全く読めないので、どうしようとすごく焦りました。
それで、毎日のように、家に帰っては座らせて、“あいうえお”を教えました。
でも、すごくいやがって、なかなか身につきませんでした。
ですから、今も、“あいうえお”を全部は読めないんです。
こんな状態で大丈夫なのでしょうか?
どうしたら、覚えてくれるようになるのでしょうか?」
と、とても心配そうに話してくださいました。

それを聞いて、私は、イソップ物語の『北風と太陽』を思い出しました。
ご存じの方も多いと思いますが、このお話は、
『北風』と『太陽』が、ある旅人のコートをめぐり、どちらが脱がせることができるかで
力比べの競争をするのです。

最初に、『北風』が挑みます。
『北風』は、冷たい風を旅人に吹きつけ、力ずくで旅人からコートをはぎ取ろうとします。
しかし、旅人は、冷たい風を吹きつけられればられるほど、
更に強い力でコートが飛ばないように押さえるので、コートを脱がすことはできません。 
次に、『太陽』が挑戦します。
『太陽』は、旅人の周りを優しく照らし、暖かくしていきます。
そして、だんだん暖かくなってくると、旅人は暑いと感じ、自分からコートを脱ぐのです。
この勝負、もちろん『太陽』の勝ちです。

実は、このお話、教育や育児に通じるものがあるのです。

子どもたちは、幼くてもそれぞれ自分の気持ちがあります。
ですから、何かをさせようとする時、『北風』のように無理にさせようとすると、
当然やる気は起きないので、うまくいきません。
『太陽』のようなやり方で、お子さん自身にやる気を起こさせることが大事なのです。
人は、やる気にならないと行動に移すことはできないからです。
ましてや、クラスのお友達と比べて、
「○○ちゃんは、絵本が読めるのに、あたなは、字も読めないの。」
なんて言われたら、やる気は一気に失せてしまいます。

人と比べても、子どもにとってよいことはひとつもないと私は思います。
まして、できる人と比べられたら惨めになるだけです。大人も同じですよね。

そこで、私は、ママたちに、“比べられた子どもの気持ち”を少しでも感じて欲しいと思い、
次のようなことをしてみました。

ひとりのママに、
「あなたは、Aちゃん役です。Bちゃんよりできる子です。」
と、いい、もうひとりのママには、
「あなたは、Bちゃん役で、いつもAちゃんと比べられています。」
と、いいました。
そして、私は、Bちゃんのママ役という設定で話を始めました。

ある日、テストをしました。
結果は、Aちゃんは50点、Bちゃんは30点でした。
私は、Bちゃん役のママに向かって、
「Aちゃんは、50点取ったのに、Bちゃんは、どうして30点しか取れないの?
もっと頑張らなくちゃだめでしょ!」
と、いいました。Bちゃん役のママは、黙って聞いていました。

しばらくして、またテストがありました。
今度はBちゃんも頑張り、50点取りました。20点アップです。
ところが、Aちゃんは70点を取ったのです。Aちゃんも頑張っているからです。
私は、Bちゃん役のママに向かって、
「Aちゃんは、今度は70点も取ったのよ。Bちゃんは、どうして50点しか取れないの?」
と、いいました。

すると、さっきは黙って聞いていたBちゃん役のママが、
「私(Bちゃん)は、頑張って前より 20点も上げたんですよね。
この頑張りは、いつ認めてもらえるんですか?
私、今、“この頑張りを分かってよ、認めてよ”という気持ちになってしまいました。」
と、いったのです。私は思わず、
「そう、そこなのよね。大事なポイントは・・」
と、いってから、
「今、Bちゃん役のママがいったことが、子どもたちの本当の気持ちなんだと思います。
ですから、他の人と比べるのではなく、その子自身の『前』と『今』を比べて、
頑張ったことを認めることが大事なんですよね。たとえそれがほんの少しであっても、
その頑張りを認めてあげると、子どもはまた頑張ります。そして伸びていくのです。
教師をしていた時、私は、そういう子どもをたくさん見てきました。
子どもの気持ちになってみると、親としてどうしてあげたらいいのか見えてくるでしょう。」
そういうと、Bちゃん役のママが、
「本当に、今、一瞬ですが、子どもの気持ちが分かった気がしました。」
と、いってくれました。

“あいうえお”についても、
子ども自身が覚える気持ちになっていない時は、覚えないものです。
覚えさせたかったら、まず、覚えたくなるような意欲付けをすることが大事なのです。

最初に悩みを打ち明けてくれたママが、
「そういえば、まめまきの時期に、子どもが、豆の入った袋を見て、
たどたどしい読み方でしたが、“『ま・め・ま・き』って書いてあるね”といったのです。
覚えさせるのをあきらめていたので、それを聞いた時は嬉しかったです。
あんなにいやがっていたのに、どこで覚えたのだろうと思いました。」
と、話してくれました。私は、
「すごいじゃないですか。そういう時がいいチャンスになるんですよ。
“『まめまき』って読めてすごいねぇ。もう、字も読めるのね。”といって褒めてご覧なさい。
きっと、他の字も読めるようになりたいと思いますよ。そうしたらしめたもの。
自分から字に興味をもてば、自然に読めるようになっていきますよ。
子どもは、その気になったら、何でもすごい勢いで取り組みますから。」
と、お話ししました。

この日、ママたちは、
① 人と比べるのではなく、お子さん自身の頑張りに目を向け、それを認めることの大切さ
② 無理強いをせずに、お子さんがやる気になるような意欲付けをすることの大切さ
を感じながら帰っていきました。

子どもたちは、日々、いろいろなことを頑張りながら成長しています。
ですから、それをひとつでも多く見つけられるママになってほしいと思います。
ママのそういう姿勢が、子どもをますます伸ばしていきますから・・・。

子育てママサロン <no.1>

2010/03/21 Sun

私には、29歳の娘がいます。
娘は、未だ独身ですが、友達の中には結婚している人も多く、
子育て中のママもたくさんいます。

今までは、娘から、
「ねぇ、お母さん、○○ちゃんからメールがきて、
子どものことで困っているみたいだけど、私にはよく分からないし、
どう言ってあげたらいい?」
と、間接的に子育ての悩みを聞いていましたが、今年に入って、ひょんなことから、
子育て中のママと直接お話しする機会に恵まれました。

お話をして分かったことは・・・

① ママたちは、いつも何かしら心配事を抱えていていること

それはそうですよね。子育てが初めてなんですもの、当然です。
「いい子にしよう」 「何でもできる子にしよう」・・・と考えていれば、
ひとつクリアーしても、また次の課題が出てきますから、悩みは続くものです。

② ママ友同士で、いろいろな悩みを打ち明け、
相談したり励まし合ったりしているが、なかなか不安は消えないこと

これも当然のことですよね。
みんなが同じレベルなので、なかなか解決策は見つからないからです。
話すことで、「みんなも同じことで悩んでいるんだ。」ということが分かり、
気持ちは少し和らぐものの、「ではどうしたらいいのか・・」ということまでは
見つけられないことが多いようです。

③ ママの個人的な悩みについて、誰かにアドバイスをして欲しいが、
そういう人が周りにいないこと

“現代は、核家族で生活しているから、子育てについて、
母親ひとりで悩みを抱えてしまう状況にある。”
と、よく言われますが、本当にそういう環境なんだなぁと思いました。
最近は、市町村で、子育て支援に力を入れ始めていると思いますが、
まだまだ、細かい面までは対応できていないのでしょう。

           *      *

そこで、私は、自分の子育ての経験が少しでもお役に立つのなら・・と思い、
ママたちのお話をお聞きする時間をつくることにしました。

2月から月に1回、木曜日の午後、我が家のリビングで、
ママたちの悩みをお聞きしたり、私の経験談をお話ししたりしています。
大体1時間半ぐらいですが、あっという間に過ぎてしまいます。
今は、二人のママとティータイム感覚でしています。
題して、“子育てママサロン”です。

このブログを見てくださっている子育て中のママさんたちにも、
中には、参考になるものがあるかもしれないので、
今後は、私がお話しした内容を“子育てママサロンだより”として、
時々載せていきたいと思います。
よかったら、見てください。

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中2)と女の子(小5)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。

日記は、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、“ようこそアイディアルームへ!”からどうぞ。リンク欄(↓)

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。