スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その17>―

2018/02/22 Thu

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「中村 諭先生」の言葉を紹介しました。
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-132.html 

今回は「金森俊朗先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1946年 生まれ。石川県七尾市(旧中島町)出身。
日本の教育者。北陸学院大学人間総合学部教授。
金沢大学教育学部卒。元小学校教諭。
1980年代より人と自然の繋がりを模索しながら様々な実践教育に取り組む。
1989年に妊婦を招いて行った性の授業を皮切りに本格的に命の授業を開始。
1990年には末期癌患者を招いた「デスエデュケーション」を行う。

その教育思想と実践は、
教育界のみならず医療・福祉関係者からも大きな注目を集め、
「情操教育の最高峰」と高い評価を受けている。
NHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス 四年一組 命の授業」で
金森学級が取り上げられ、大きな反響を呼んだ。

同番組は、2003年日本賞グランプリ、
2004年バンフテレビ祭「グローバルテレビジョン・グランドプライズ」を受賞。

それでは、どうぞ。

* * * * *

「教師の指導力を大きく左右するのは人間性と社会性」

現代の教師は、その人間性と社会性が弱い。
豊かで鋭い人間性と社会性を土台にして、はじめて専門的力量が発揮される。

子どもにとって心を開きやすい教師は、
現実の社会と多様な接点を持ち、その中で生きている教師。
教師が学校にベッタリいることがよい教師にすることはない。

なぜならば、
いろんな場や社会的な活動に関わらない限り世の中が見えないからだ。
いろんな働く人たちと接点がなければ親たちのことがわからない。
親の労働や社会の動きを教師が知らなければ、
子どもたちの言っていることの重さは理解できない。

何人かの親が「本当に金森学級でよかった」と言う背景には、
子どもたちの言っていることの重さを自分がしっかりと受け止めていた、
ということがある。

子どもの立場から言えば、
1年間を共に過ごす担任によい感情を持つことができなければ、
学校に行くのが苦痛になる。
とりわけ小学校の場合、担任と四六時中見て過ごすことになる。
1年間、身近に過ごす担任に嫌悪を抱けば、
日を重ねるごとに嫌悪感が増大していく。

私は教師仲間に芝居を観るのを勧める。
芝居はしゃべり方や表情ひとつに注意をはらって、
出演者がかかりきりで練習し、ひとつの舞台をつくりあげる。
ところが教師というのは、しゃべり方や表情ひとつ練習したことがない。
表情の乏しい教師を子どもは好きにはなれない。

* * * * *

いかがでしたか?

教師である前に
人として見聞を広めることは大事ですね。

自分を磨くには、井の中の蛙ではうまくいきません。
学校以外の場所には新たな出会いがあり沢山の学びがあります。
そして、それらが栄養となり自分を成長させてくれます。
と同時に、教師としての力も高まっていきます。

百聞は一見に如かずです。外に出ましょう。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

子どもの思いをくんで考えた 『チョークいっぱい作戦』 大成功!

2018/02/06 Tue

私は早期退職をした後、
何回か学校にお手伝いに行ったことがあります。

知り合いの管理職の先生から、
「どうしても講師をしてくれる人が見つからないんだ」
という理由でお願いされました。
いわゆる時間講師です。

担任をしていた時には分からなかったのですが、
時間講師というのは、何かと大変なんですね。

学期途中からクラスに入るので、
直ぐには子どもの実態がつかめず、
担任の時と同じように授業をしようと思っても
なかなかうまくいかないのです。

でも、そんなことばかり言ってはいられません。
何の解決にもなりませんので。

仕事を引き受けた以上は、
子どもの思いをくんで、解決策を考えるのが
教師の仕事なのですから。。。

ある年の9月、私は第3週目から、2年生のクラスに入りました。
担任の先生は妊娠中で、切迫流産の危険があり、お休みに入りました。
3週間の短期契約でした。

2年生といっても、そのクラスは、
お友達同士で「バカ」等の言葉を平気で言い合うような雰囲気があり、
少々殺伐としていました。

授業中も、何人かが黒板に出て、
漢字を書いたり、算数の問題をやったりすると、
自分は当たらないと思った瞬間、大きな声で、
「ああ、もう絶対に当たらないなあ。」
「もうやる気がなくなったあ。」
「勉強なんかもうやめた!」
というようなことを、次から次へと発し、
全体のムードをぶち壊す子が何人かいました。

そんな時に、
「全員なんか当てられないでしょう。」
「少しは我慢しなさい。」
「今日、当たらなかった人は今度できるでしょ。」
といったところで、
今日のことは満足できないままなので解決には至りません。
不満は募るばかりです。

そこで、私は、少々オーバーに
「みんな黒板に出て、やりたかったんだあ。
なあんだ、そんなことなら大丈夫よ。
『チョークいっぱい作戦』をすれば直ぐに解決ね!」
と言いました。

すると、子どもたちは、
それは、いったいどういうことなんだろう
という顔をしていました。

私は直ぐ、次の休み時間に事務室に行き、
白いチョークを1箱もらってきて、
黒板のチョーク置き場(溝)のところに
ずらっとそのチョークを並べました。
子どもたちは、そういうことだったのかと
私のすることを見ていました。

さて、次の時間から、
私は何か黒板に出て書くようなことがあったら、
「やりたい人は、みんなどうぞ。」
と言って、前に呼びました。
そのクラスの実態は、殆ど全員がやりたい状況でしたから。

「やりたい人は出ていらっしゃい。
我慢しなくていいからね。
でも、せっかく黒板に書けるのだから、
みんなでうまくやってね。」
とだけいいました。

子どもたちはどうやって書いたと思いますか?

書きたい人全員(25人位)が出てきた時、
最初はごった返しているように見えますが、
そのうち、近くに居合せた3人ぐらいが自然にグループになって、
「僕は上の方に書くから、Aちゃんはその下に書いてね。
Bちゃんは一番下に書いてね。」
と、書く場所を決めたり、
「最初にCちゃんが書いて、次にDちゃんが書いて
最後に私が書くね。」
と、書く順番を決めたりして、仲良く譲り合って書いていました。

どこもけんかにならず、もたもたすることなく
スムーズに書いて自分の席に戻って行きました。
子どもたちって、すごいです。

私は、この様子を目の当たりにして、
子どもたちの気持ちを押さえつけて我慢させるより、
子どもたちの思いをくんだ解決策を考えてあげる方が、
どれだけよいかと思いました。

子どもたちの実態を知り、子どもたちの思いをくむことは、
授業を成功させる大事なポイントの1つです。

このクラスから、授業をぶち壊すムードは消えていきました。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

心の余裕って大事だなぁ。。。

2018/02/02 Fri

インフルエンザが流行っているようですが、
皆さん、あるいは皆さんの地域ではいかがですか?

私はとても元気なのですが、
我が家の近くにある小児科では、
連日多くの子どもたちが診察に訪れています。
寒い日が続いているので、まだまだ流行るのでしょうか。
早く暖かくなるといいですね。

さて、今回はインフルエンザ繋がりで、1つ。

ある方がTwitterで次のように呟いていました。

小児科で3人の子を連れた母親が
「あんた達が交代でインフルになるから、
お母さん、会社ずっと休まなくちゃいけないじゃない ! !
どうするのよ ! !
次、会社行ったら、お母さんの席ないかもしれないのよ ! !」
と怒っていた。上のお兄ちゃんが
「ごめんなさい。」
と謝っていて、涙が出そうになった。君のせいじゃないよ。

やることが沢山あって忙しいのに思うようにならない時、
人は、つい自分のことや気持ちを優先させてしまうものですね。

このお母さんも
悪気があって言っている訳ではないのでしょうが、
子どもの方は、どうすることもできない状況に追いやられ
「ごめんなさい」しか言えませんよね。

子どもたちがインフルエンザになったことや、
兄弟(妹)3人が交代に罹ったことは、
子どもたちが悪い訳でも何でもないのに。。。

冷静になって考えれば、
子どもたちが悪くないことぐらいすぐに分かるのに、
忙しくて頭いっぱいの状況にいると、
こういう言葉を発してしまうのですね。

私も昔を振り返ると、
こういうことは沢山あったと思います。
今更ながら、反省です。

「忙しい」という漢字は『心を亡くす』と書きます。
心に余裕がない状況なんですね。

ですから、少しでも忙しいなあ…と感じた時は、
難しいかもしれませんが、
いつもより、子ども(相手)の気持ちを優先してあげると
いいかもしれません。
そうすれば、自然と言葉かけも違ってくると思います。

そうそう、ついでにもう1つ。

「慌てる」という漢字は『心が荒れる』と書きます。
確かにそういう状況ですよね。
そういうことを踏まえて行動すれば、
きっと、ミスも減ることでしょう。

心の余裕って、本当に大事ですね。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

健康を考える 「ご存知ですか? 香りのエチケット」

2018/01/27 Sat

先日Twitterを見ていたら、次にようなツイートが目に留まりました。

臭いによっては頭痛くなって気持ち悪くなるんだよ…。
家にその人の残り香がすると、
1時間位消えないので具合悪くなるんだ。
するなとは言わない、
せめて通常量以上に使わないで欲しい。香害だ。

というものです。これを読んで、
もしかして洗濯の柔軟剤のことではと思い、
関連するものも読んでみることにしました。

すると、
埼玉県公式HPに掲載されている内容が出てきました。

【ご存知ですか?香りのエチケット】
柔軟仕上げ剤や香水などが原因で
「せきが止まらなくなった」
「隣人の洗濯物のにおいがきつくて頭痛や吐き気がする」
など体調不良を訴える人が増えています。
公害になぞらえて「香害」と呼ばれています。
香りの感じ方には個人差があります。
自分には快適でも苦手に感じる人もいます。
ちょっとした気遣いを大切にしたいですね。

と、ありました。

私も、外で落ち葉を掃いていた時、
風に乗って漂ってくる洗濯物の人工的な臭いが
あまりにも強くて耐えられず、家に入ったことがありました。
嗅いでいると本当に気持ちが悪くなるのです。

他の人が不快に感じることを
認識してくださればいいのですが、
どうもそう簡単にはいかないようです。
それは、ある方のこんなツイートからも分かりました。

原因作っている人たちは、
自分がどんな強烈な臭いをしているか
分かっていないから気が付かない。
他人事なんだよな。
自分の事じゃないと思ってるんだよ。

とのこと。
問題の解決は程遠いようです。

そこで今日は、家族の健康に関わる
この「臭い」ついて考えてみたいと思います。

ところで、皆さんは、
この「香害」という言葉をご存知でしたか?
NHKのニュースや新聞が大きくとりあげ、
社会問題化したのだそうです。

実は、今大人気の
衣類に香りが残る洗濯用柔軟剤についての相談が、
国民生活センターで増えているとか。

国民生活センターによると、
柔軟剤の香りで体調を崩したと訴える相談が
2008年度の14件から2012年度には65件
と5年間で5倍近くに増えたといいます。

あるアンケートでは、
「普段の生活の中で、これまでに一度でも
柔軟剤の香りを不快に感じたことがあるか」
という質問に対し、43.3%が「ある」と回答。
不快に感じる頻度については、
「1週間以内に1回以上感じることがある」
と回答した人が52.1%に上り、
半数以上が、日常的に
柔軟剤の香りに迷惑している実態が明らかになりました。

「香害」が広がっている原因は、
各洗剤メーカーが売り上げを伸ばすために、
通常の柔軟剤や洗濯用洗剤だけでなく、
においの強い香料を加えた製品を
次々に売り出しているからだそうです。

一番危険なのは、合成香料が化学薬品だということ。
そういった成分に弱い人は決して少なくないのです。

強烈な合成香料は、
アトピーや喘息、咳喘息、アレルギー性鼻炎など
各種アレルギーを起こす可能性もあるとか。

それなのに、今では、
シャンプーやリンス、洗剤に柔軟剤、
トイレの消臭剤や防虫剤の日用品だけでなく、
お菓子やジュースなどの食品にまで
あらゆる商品に合成香料が使用されているのだそうです。
口にする食べ物にも入っていると思うと、本当に怖いです。

洗濯洗剤などの香り付きの商品から
揮発している合成香料を呼吸とともに吸い込むと、
合成香料の成分が体内に蓄積し、
頭痛やめまい、呼吸困難、湿疹、関節痛といった
「香害」の症状が引き起こされるのだそうです。

最初のツイートの方が健康被害を訴えていましたが、
これが原因だったのですね。 

柔軟剤の使用方法については、
分量に関して問題があるようです。
「4人に1人が規定の量の2倍を超えている」
という業界団体の調査結果も出ているとか。

柔軟剤は入れすぎると、
吸水性が悪くなって洗いきれないし、
変な香料の臭いも倍増するので良くないそうです。
また、すすいだ後の衣類に粒子が残りやすくなり、
肌には悪い影響を及ぼし、
肌荒れを引き起こすことがあるそうです。

ですから、国民生活センターでは、
香り付きの柔軟剤を使いすぎないよう
消費者へ呼びかけています。
同時に、業界団体に対しても、
過度な使用を控えるよう商品に表示したり
啓発活動を行ったりするように
要望しているそうです。

香りのバラエティが増え、強くなる一方の柔軟剤の中で、
「無香料」のよさが見直されているという話も聞きます。
いい傾向かもしれませんね。

既に、香りの柔軟仕上げ剤にはまってしまった人は、
もう一歩進んで「手作り」というのはいかがでしょう。
クエン酸、グリセリン、好みのアロマオイル数滴と水といった材料で、
洗濯物がほんのり香る柔軟仕上げ剤が簡単にできるそうです。

家族の健康や他人への迷惑のことを考えて、
天然の柔軟剤を使ってみるのも一つの手ですね。

柔軟剤を始め、日用品をどれにするかを決め
購入するのは、殆ど親の役目です。
できるだけ良いものを選び、使用量は適量でお願いします。
子どもたちの生活環境が良くなりますように。。。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

若い先生方へ ―教育における先人から学ぶ<その16>―

2018/01/21 Sun

教育界でこれまで活躍されてきた先生方から
学ぶものは沢山あります。

前回は「大前 忍先生」の言葉を紹介しました。 
http://pocketroom.blog89.fc2.com/blog-entry-130.html

今回は「中村 諭先生」の言葉を紹介したいと思います。

この先生は、
1948年(昭和23年)兵庫県生まれ
兵庫県立豊岡高等学校卒業 京都教育大学第一社会学科卒業 
1981年学級通信「メリーポピンズ」を発行し、以後学級指導に熱中。
一方で、カウンセリングに関心を持ち、
特に「不登校指導」研究として、西宮市立教育研究所研究員として活動。
1986年『心をのぞいて』(第一法規)を刊行。
1991年兵庫県教育委員会指導主事に採用され、
阪神教育事務所指導主事兼阪同教事務局長として活動。
1993年阪神教育事務所学校教育課指導主事として勤務。
1997年4月宝塚市立安倉中学校に新任校長として着任。
1999年12月、TBSドラマ金八先生第10話に
『新米校長奮戦記』がシナリオ一部として採用・放映される。
1999年(平成11年)度 第48回読売教育賞『児童生徒指導部門』優秀賞受賞。

<著書>
『新米校長奮闘記』 文芸社 (1999年)
『どっこい!学校は生きている―子どもたちの証明』文芸社 (2000年)
『学校崩壊?それがどうした』三想社 (2002年)
『心をのぞいて―教育現場からのメッセージ』高木書房:改訂版 (2003年)

それでは、どうぞ。

* * * * *

「子どものメッセージが教師の実践に火を点ける」

教育というのは、火を点けることです。
みなさんは、教師が子どもに火を点けることと思っているでしょう。
そうではなく、子どもが教師に実践の火を点けることなのです。

子どもたちからのメッセージを本当に教師が受けとめ、
教師が
「これまでの自分たちの実践を見直す」という実践の火を点ける
というのが私の持論であります。
 
私の尊敬する山口良治先生(伏見工業高校ラグビー部総監督)も仰っている
「子どもたちの問題行動は愛を求めるシグナルだ」、
このとおりですね。

私はこれをたくさんの事例で見てまいりました。
ある事例を話してみましょう。
 
ある不登校の子どもを母親がなんとか登校させたいと、
子どもが欲しいと要求したものをみんな買ってやった。
「マンション買ってくれたら、学校へ行く」
と子どもが言ったときも、何と本当に親がマンションを買ったのです。
それでも、また学校に来なくなりました。
それで、親ともめた時、子どもがマッチに火をつけて、
親に
「おれの言うことを聞かなんだら、家に火を点けてやる」
「こんな育て方しやがって!」
と、子どもが言った。
母親はそこで本気になった。その母親は素晴らしかった。
「あんたは私が腹を痛めて生んだ子や!
あんたと死ねるなら本望や!
さあ、さっさと火を点けなさい!」
と母親が叫んだ。
子どもは手をぶるぶる震わせながら、初めて本当の親の愛を知った。
そして、火を消して、ワァと泣き出した。
それから三日後、子どもは学校に来だした。
 
このようにね、子どもがどう進んでいいか分からない、
曖昧模糊としているところに、バチッと切り込んでやったりすると、
パッと方向性が見えてくる。ここで子どもの姿勢が変わるんです。
 
親の姿勢というものは、ものすごく大事です。
教師も一緒なのです。
我々大人が本気を出したらどれくらい子どもが変わるか。
大人が子どもたちに全力を懸けていった時、こちらを向くのです。
私は絶対いけると確信しています。

* * * * *

いかがでしたか?

子どもたちからのメッセージどう受け取るか。
大人が本気を出したら、どれくらい子どもが変わるか。
中村先生が紹介してくださった事例には、
心に、ぐっと来るものがありましたね。

中村先生の
「大人が子どもたちに全力を懸けていった時、こちらを向くのです。
私は絶対いけると確信しています」
という言葉が、いつまでも心に強く響きました。

多くの大人がこのことに気付けたらいいのになあ。。。



ブログランキングに登録しています。
ご協力お願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

プロフィール

ばぁば

Author:ばぁば
はじめまして!ばぁばです。

ふたりの孫 男の子(中3)と女の子(小6)がいます。幼児期の頃の言動は、とても自然で可愛いく、見ているだけで癒されましたが、どんどん大きくなり、最近は、一人の人間としていろいろなことを吸収し、考えを深めている姿に圧倒されることもあります。そんな孫たちとの触れ合いを大事にし、成長を見守っています。(孫たちは息子の仕事の関係で昨年10月から海外で生活しています)

このブログは、時間の取れる時に書いています。なかなか更新できない時もありますが、是非ご覧ください。

* * * * * * * * * * * * * * *

<著書>
・「先輩ママの子育てたまてばこ」(文芸社)
・「惠子先生の教育たまてばこ」 (文芸社)

図書館にリクエストして読んでくださると嬉しいです。
ご購入の場合は、どこの本屋さんでも注文可能です。
また、ネットショップにもあります。

電子書籍でも好評販売中!
・Amazon Kindle ストア
・楽天Kobo電子書籍ストア

* * * * * * * * * * * * * * *

元小学校教員の経験を生かし、オリジナル教材や掲示物を手作りして販売しています。日頃の教室環境(掲示)を充実させたいとお考えのお忙しい先生方には必見です。

また、子育て中のご家庭にも、季節感のある環境は大事です。季節感があり、いろいろな工夫を凝らした手作り掲示物を定期的にお部屋に飾ることで、子どもたちに豊かな発想や想像力が育っていきます。おひとついかがですか?興味のあるパパ・ママにも必見です。

掲示物製作活動の紹介やショップのHPは、
下記のリンク欄からどうぞ!

* * * * * * * * * * * * * * *

リンク
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。